SCORE CARDBACK NUMBER

預託料軽減で懸念される、
デフレスパイラルの可能性。
~競馬界に押し寄せる不況の影~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYoko Kunihiro

posted2010/02/03 06:00

預託料軽減で懸念される、デフレスパイラルの可能性。~競馬界に押し寄せる不況の影~<Number Web> photograph by Yoko Kunihiro

賞金の減額、預託料の軽減など経済不況の波が押し寄せる競馬界。JRAは乗り切れるか

 中央競馬の厩舎に馬を預けると、月額で約60万円の経費がかかる。馬の飼料代はせいぜい10万円程度なので、残りはほぼ人件費ということだ。JRAの場合、一人の厩務員が2頭を担当することが制度として決まっているので、その給料が2頭ずつの馬によって支えられている構図がおわかりだろう。もちろんそれだけではなく、調教師の管理料や技術料、調教専門の助手の報酬も、預託料の内訳に含まれている。

 経済不況の影響なのだろう。この預託料を「高い!」という声が数年前から馬主会側から叫ばれている。その主張は、「2頭持ちを3頭持ちにしてくれたらいい。それだけで大幅に減額できるはずだ」というもの。なるほど、単純計算で10万円以上の値下げが期待できるアイディアではある。これに対して、当然のことながら労働組合側は「労働強化だ」として大反対を表明。事態はそれ以上の進展は望めないものと見られてもいた。

預託料軽減の波は地方競馬の疲弊につながる可能性も。

 しかし、そうではなかった。関東の労組が意外にも譲歩して、美浦の3つの厩舎をモデルケースとして、試験的にやってみようということになったのだ。細かいところは調教師任せということのようだが、預託料の軽減は間違いなく実現するだろうし、そうなったら「試験的に」では済まなくなるのも必然だろう。

 この動きが競馬界全体にとっていいことかどうかは、大いに疑問だ。中央の預託料が60万円だからこそ、地方競馬の預託料が40万円台から20万を切るか切らないかぐらいのところでバランスを保ちながら成立しているわけで、頂上の相場が下がることに下部団体が影響されないはずがない。もともとギリギリでやっている人たちにとっては大変な問題になる。

厩務員は人員過剰……JRAは改善策を示せるか。

 リフレッシュのために重宝されている育成牧場の預託料にしても、いまの40万円台から20万円台という相場が崩れるのは必至。非常にわかりやすい形のデフレスパイラルに突入する、という筆者の観測は悲観的過ぎるのだろうか。

 そもそも、一人あたりの担当馬を増やす理由に正当性を見いだすとしたら、それは「人手不足」でなければおかしい。ところが現状はむしろ逆。競馬学校厩務員課程を卒業しながら、空きがないことを理由に自宅待機を余儀なくされている実情に、JRAは目を瞑ってはいけない。

■関連コラム► 未曾有の不況が続く中、日本競馬よ、どこへ行く。 (09/02/12)
► 国際化のなかで密かに減らされた生産者賞。 (07/07/26)

ページトップ