SCORE CARDBACK NUMBER

内川聖一がライバルに負けられない理由。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2004/06/03 00:00

 開幕前の予想を覆す戦いを見せている横浜。大魔神・佐々木主浩の復帰も大きいが、2番に固定された二塁手・内川聖一の活躍も見逃せない。

 その才能は、大分工時代から中央球界でも知られていた。法大出身の父親が監督ということで、法大進学が確実視されていて、各球団ともドラフトでの指名を躊躇したが、岩井隆之スカウト(現湘南シーレックス監督)が1位に指名、横浜に入団した。ちなみに、岩井も法大出身。この一件で当時の法大野球部監督・山中正竹によって母校へ出入り禁止となったが、山中は昨年、横浜の球団専務に就任。「やっと内川と一緒にプレーできる」と笑っていた。

 プロ入り後の内川は、故障に悩まされた。高校時代からの持病、左かかとの骨のう腫で出遅れ、昨年は右半身のしびれと握力の低下で、選手生命さえ危ぶまれた。それらを克服、大金をかけて奥歯の噛み合わせの治療も済ませ臨んだのが今季だったのだ。

 進藤達哉守備コーチと松原誠ヘッドコーチの守備、打撃の特訓によってグラブさばき、バットの始動からフィニッシュまでと、それぞれ格段に進歩した。そんな内川が「同期の人間には負けたくない」とライバル視しているのが西武の中島裕之。土井正博ヘッドコーチのマンツーマンの特訓で実力をつけてきた同い年の内野手に対しては特別の思いがある。「中島に負けたら、コーチの教え方が悪いといわれるに決まっている。絶対、負けたくないんです」と言うのだ。30試合終了時では、2割7分4厘、7本塁打と中島の2割9分2厘、5本塁打に対して打率では下回るものの本塁打が2本多いというほぼ互角の成績。松原ヘッドは「まだまだ発展途上」とさらなる飛躍を期待している。

 ベテランの石井琢朗も内川に期待する一人。コンビを組む二遊間でも厳しい指導をしている。「何とか一人前にしようとやってくれているのが手に取るように分かるので、本当に嬉しい」と受ける側の内川の自覚も十分だ。父一寛さんも「オフに実家に戻ってきた時に、食事のバランスについて話しているのを聞いて、プロの自覚が出てきたなと思った」とその成長を感じている。

 ナインから“アゴ”の愛称で呼ばれる内川が、横浜完全復活のカギを握っている。

関連キーワード
内川聖一
横浜ベイスターズ

ページトップ