SCORE CARDBACK NUMBER

くせ者・小谷野の飛躍で
梨田監督はほくそ笑む。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2009/08/11 06:00

くせ者・小谷野の飛躍で梨田監督はほくそ笑む。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

 今季の日本ハムの快進撃を支えているのは、間違いなく6番・小谷野栄一と9番・金子誠の三遊間である。ふたりとも下位打線を任されることが多いが、高い打率で相手投手から恐れられている。

猛練習で過酷なポジション争いを勝ち抜いた。

 特に小谷野には、今シーズン奮起する理由がある。移籍してきた二岡智宏と、二軍で結果を残している中田翔、そして高橋信二という3人の内野手の存在だ。

 球団には将来の主砲で、三塁を守る中田を育てたいという思惑がある。一方では二岡を起用し、巨人人気にあやかりたい。こうなると、三塁の小谷野は定位置を脅かされてしまう。さらに、ドラフト1位で獲得した大野奨太を正捕手に育てるために、高橋を一塁にコンバートした。一塁と三塁を守る小谷野に、スタメン落ちの危機がいよいよ迫ってきたのである。

「年俸も上がったし、せっかく掴んだ定位置は絶対に渡したくない」と語る小谷野は、キャンプ中から精力的に練習に取り組んだ。福良淳一ヘッドコーチに特守を願い出たのだ。

「練習はウソをつかない」と言われるが、開幕から好調を維持し、交流戦が始まる直前には、打撃成績5位に顔を出すほど。この努力が実を結び、打撃コーチの大村巌も「アイツは、自分が何をすればいいかを分かっている」と評価している。

小谷野を開眼させた新戦力加入による危機感。

 '06年、'07年とリーグ連覇を果たし、日本シリーズに出場することで「チーム内で何をすべきか」という役割を考えるようになったというが、小谷野の役割とは、走者を置いた時の右打ちである。「あの粘っこいバッティングにどれだけ苦労させられたか」とソフトバンクの森脇浩司ヘッドコーチは溜息混じりに語る。

「走者がいたのに、あの時は思い切って引っ張ってきた。何をしてくるか分からない」と森脇コーチを嘆かせたのは7月16日のソフトバンク戦で杉内俊哉から打った三塁打である。ソフトバンクの連続18カード負け越しなしを断つ一打だった。

「新人と移籍による新加入こそ、生え抜きに刺激を与え危機感を煽る」とは巨人V9監督・川上哲治の名言だが、梨田昌孝監督にとって新戦力の加入で一番成長したのが生え抜きの小谷野ならば、してやったり、という思いだろう。

 レギュラー獲得以来、一度も洗っていないという汗臭いヘルメットを被るくせ者は、今、真価を発揮しようとしている。

■関連コラム► 日ハム・中田翔とオリックス・岡田貴弘。“未来の大砲”の異なる起用法。
► ダルビッシュ有、22歳の悟り。 「まだ見ぬ完璧」 【WBC後の物語】

関連キーワード
梨田昌孝
小谷野栄一
北海道日本ハムファイターズ

ページトップ