SCORE CARDBACK NUMBER

フライ級国内最強を証明した内藤大助。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2006/07/24 00:00

 後楽園ホールには一部空席も目立つ。

 滅多に見られない、保証付きの好カードでも満員にならないとは、ボクシングファンは一体どこへ行ってしまったのか。いくら亀田人気が凄くても、ボクシング人気は本物といえない。

 東洋太平洋王者小松則幸と、日本王者内藤大助によるフライ級ライバル対決(6月27日)。好カードが期待外れに終わることも珍しくないが、この一戦に限っては期待通りの好ファイトだった。

 接戦も予想されたが、実際は「日本王者」が「東洋王者」を技術的に終始圧倒した。気迫のファイター小松は果敢に前に出るものの、頭脳的な内藤のフェイントを取り入れた変則的な動きにはぐらかされ、会心のヒットに繋がらない。後半に入った6回、突如訪れた結末は衝撃的だった。両者のパンチが交錯したと見えたが、内藤のノーモーションの右が一瞬早く小松のあごに飛び込んだ。それまで耐えに耐えてきた小松も、カウンターで浴びたこの一撃には我慢できず、前のめりにキャンバスに落ちた。足をもつれさせて立つのが精一杯。内藤の追撃に遭うとすぐさまレフェリーストップがかかった。実力拮抗した同士の戦いは、時にこのような明白なかたちで決着がつく。

 ファンはこういうスキルに裏打ちされたKOシーンを歓迎するはずだ。「自然に出たパンチ」と内藤は言うが、これも日頃の訓練の賜物だろう。自身33戦の拳歴中最高の一撃のひとつといっていい。「小松君からオファーもらって、いいことだと思ってやった。そりゃあ(戦う方は)ヤだよ、でもこういう日本人対決も面白い。もっとやった方がいいんです」

 遠慮がちに大胆なことを口にする内藤。最近は格闘技の影響かボクサーにもビッグマウスが珍しくないが、内藤はよく「俺、臆病ですから」と口にする。こういう選手を侮ってはならない。「恐怖は火のようなもの。扱い方次第で敵にもなれば友にもなる」とはマイク・タイソンの師カス・ダマトの教えだ。内藤はまさに怖さを知った大人のボクサーである。

 世界初挑戦で34秒KO負けの最短記録を残す屈辱も経験する一方、中野博らトップ選手と対戦して負け知らず。「戦うチャンピオン」としての評価も確立した。今や「フライ級国内最強」の称号は内藤のものだ。

関連キーワード
内藤大助

ページトップ