SCORE CARDBACK NUMBER

ヒルマン野球の申し子、工藤隆人の存在感。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2007/09/06 00:00

 日本ハム・工藤隆人が今季初めて一軍に登録されたのは、交流戦後半の6月18日だった。

 新庄剛志が抜けた日ハム外野陣は、昨シーズンに一度戦力外となった坪井智哉を戻し、2年目の川島慶三、1年目の金子洋平などの若手も試された。そこで工藤にもチャンスが巡ってきた。高田繁GMがイースタンで3割7分9厘、盗塁15の実績に目を付け、淡口憲治打撃コーチに「とりあえず見てくれないか」と言って一軍に昇格させたのだ。

 工藤もその期待に応えた。登録翌日の広島戦に代打で出場。50m5秒8の俊足を飛ばして、いきなり三塁打を放つ。さらに翌日も足を生かした内野安打でアピールすると、初スタメンを勝ち取った阪神戦でも3安打を放ち、レフトのポジション争いに名乗りを上げたのである。初出場以来、6試合連続ヒット。「面白い存在」と、ヒルマン監督を喜ばせるには十分だった。

 小笠原道大、新庄が去った今年の日ハムは、典型的なスモールベースボールを実践している。8月22日現在、打率、本塁打がリーグ最下位ながら首位にいるのは、少ない得点をしっかりと守りきる戦い方ができているからだ。白井一幸ヘッドコーチは、「打てないなら数少ないチャンスに足を使って攻める。そのために工藤の存在は貴重」と評価している。

 「毎日毎日が緊張の連続。ちょっと油断するとスタメンを外されますから」と言う工藤。本拠地では必ず早出特打ちを行い、淡口コーチからは「練習はウソをつかないというのはあいつのこと」と言われている。守備では、平野謙外野守備・走塁コーチから「ピッチャーはポテンヒットを嫌がるから、前目に守って背走して捕球する練習をしよう」と言われ、厳しいノックで鍛え上げられている。

 彼がレギュラーポジションを獲得したことにより、小谷野栄一が内野に専念することになって守りの負担も減った。さらに調子を落としている田中賢介に代わって2番を打てば、しっかりと役割をこなしてヒルマン監督の信頼も得た。

 「去年は一度も一軍に呼ばれず、日本一を経験できなかったことが悔しかった」という気持ちが、いまのハングリーさにつながっている。ヒルマン野球の申し子は、連覇の立役者となれるか。

関連キーワード
トレイ・ヒルマン
工藤隆人
北海道日本ハムファイターズ

ページトップ