SCORE CARDBACK NUMBER

落合監督直伝、岩瀬仁紀の投球術。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2005/08/18 00:00

落合監督直伝、岩瀬仁紀の投球術。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

 左の抑えとして中日の好調を支える岩瀬仁紀。彼の素晴らしさの一つは、300試合以上登板した抑え投手の中で、唯一、1点台の防御率を誇っていることである。この数字は、あの江夏豊、高津臣吾、佐々木主浩でも及ばない。

 愛知大、NTT東海と進んだ岩瀬が中日に入団したのは、当時の星野仙一監督(現阪神SD)の「地元の逸材を見逃すなんて許さん」という一言がきっかけだった。地元愛知県出身のイチロー(マリナーズ)が、オリックスで大スターへと成長したのを見て、よほど我慢ならなかったのだろう。星野の意を受けて、スカウトだった近藤真市(現投手コーチ)が「4回までならいい球を投げる投手がいます」と、名前を挙げたのが岩瀬だった。

「1回でもピシッと抑えられれば十分」という星野の狙いで、ドラフト2位指名。さらに「短いイニングでキチンと仕事ができるなら抑えにしたらおもしろい」と考えたのが、当時ヘッドを務めていた島野育夫(現阪神総合コーチ)だ。「今はウチが苦しめられているんだから皮肉なものだよ」と成長した姿に目を細めている。

 中継ぎとして結果を残し、昨年から念願の抑え役を任された。大金をかけた補強を嫌う落合博満監督が就任し「打者にとって岩瀬は、腕が遅れて出てくるので、球の出所がわかりにくい。こんな打ちにくい投手がいるのに他から探す必要はないよ」と一発でストッパー転向を決めたのだ。

 岩瀬の落合監督に対する信頼も厚い。

 「監督がマウンドに来る時、打者にとって何が嫌か、いま何をしたいと思っているか、アドバイスしてくれるので助かります」

 岩瀬が監督から受けたアドバイスの一つが「早めに追い込んだ方がいい時」と「じらしてボールを振らした方がいい時」の使い分けだ。打者の心理を利用した投球術で、最近の岩瀬は、打者の打ち気、はやる気持ちを上手に誘ったり、そらしたりする事を覚えてきた。

 「ピッチングがまた楽しくなった」

 と語ったのは、先日のオールスター戦の時である。

 メジャーをも視野に入れる、今や、日本を代表する守護神。2度の優勝の経験を持ちながら「日本一」がないのがシャクの種。今シーズン、まず狙うは逆転優勝だ。

■関連コラム► 未完の完全試合。山井大介“決断”の理由。
► 【4勝1敗の内実】 落合博満 揺るがなかったオレ流。

関連キーワード
岩瀬仁紀
落合博満
中日ドラゴンズ

ページトップ