SCORE CARDBACK NUMBER

V9達成の長谷川穂積は
何を目指すべきか? 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/08/04 06:00

V9達成の長谷川穂積は何を目指すべきか?<Number Web> photograph by Getty Images

右フックで1度目のダウンを奪うと、すぐさま連打でTKO。1回2分28秒の早業だった

 東京で弟分の粟生隆寛が世界フェザー級王座の初防衛に失敗したころ、神戸では兄貴分の長谷川穂積がすでに仕事を終え、控え室で報道陣に囲まれていた。挑戦者ネストール・ロチャを初回、派手に2度倒し、レフェリーストップ勝ち。これで4連続KO防衛に成功した。4年前、ウィラポンを攻略し世界バンタム級王座に就いたとき「地味なチャンピオンのままでええです」と口にしたボクサーが何という変わりようだろう。

高いモチベーションがV9王者を支える。

 ウィラポンから王座を奪った時点で、戦績は18勝5KO2敗。それが王座獲得後、9度の防衛戦中6KO。最近の「倒すボクシング」への変貌ぶりは、やはり無冠時代KO率の低かった大場政夫が、世界王者になってから激しく魅せるボクサーに変身した例を思い起こさせる。世界戦経験が2ケタともなれば、少しは衰えの兆しがみえるものだが、長谷川に限ってはそれがない。「待ちの戦法から、意識して倒すボクシングに変えてきているのがいい。28歳の今が一番、脂がのっている」と浜田剛史さんの評価も高い。

 この状態を維持していくのは容易ではないが、そのために必要な「モチベーション」が、今の長谷川にはある。記録的には具志堅用高の持つ13度防衛も見えてきた。本人は前々から本場ラスベガスでの対戦、あるいは2階級ジャンプしてフェザー級で2階級制覇を狙うことにも意欲を示している。具体的には、これも11度防衛の安泰王者クリス・ジョンとの対戦を希望している。今の両者の勢いからしても、対戦すれば長谷川有利だろう。勝てば世界的評価も上がるに違いない。

今の長谷川と戦わせたい沖縄在住のロシア人ボクサー。

 ただ、それもいいが、もしバンタム級で続けていけるとすれば、ぜひ見たいカードがある。沖縄に住むロシア人、サーシャ・バクティンとの一戦だ。これまで何度も話題に上りながら実現に至らなかったのは、長谷川サイドにリスクに見合うメリットがなかったからだろう。両者ともディフェンシブな戦法だけに、盛り上がる試合にならないと言う関係者もいる。しかし、時がたち、王者長谷川の成長ゆえに、寝かせておいたワインがじっくり熟成するようにカードの魅力が増し、実現が楽しみになってきたと思えるのだ。長谷川の潜在能力をさらに引き出してくれる、そのような相手にサーシャはなりうると信じている。

■関連コラム► 長谷川穂積をアメリカに駆り立てるもの。 (08/08/07)
► 長谷川穂積 ほんまもんのチャンピオンになれた日。 (06/04/20)

関連キーワード
クリス・ジョン
サーシャ・バクティン
長谷川穂積

ページトップ