MLB東奔西走BACK NUMBER

イチローだけがサムライじゃない!
マイナーから挑む若き日本人選手達。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byYasushi Kikuchi

posted2011/04/05 10:30

イチローだけがサムライじゃない!マイナーから挑む若き日本人選手達。<Number Web> photograph by Yasushi Kikuchi

写真左から高野一哉投手(18)、ロバート・ブース投手(25)、西嶋一記投手(22)。各選手とも日本でのプロ経験はなく、アメリカに渡り、マイナー契約でドジャースのキャンプに参加している。高野、西嶋両投手は今シーズンからの挑戦となる

 いよいよメジャーリーグ2011年シーズンが開幕した。

 今年も日本人選手を中心としつつも、メージャーリーグの様々な話題を紹介していきたいと思っている。その前に今回は、あまり日本でも注目されることがない選手たちについて報告したい。

 メジャーの各チームが開幕戦のためにそれぞれの本拠地に戻っていった後のキャンプ地。閑散としているだろうと思われるそのキャンプ地には、メジャー選手とはまた別の、生き残りを賭けた熱い戦いを続ける選手たちがいる。メジャーより開幕が遅れるマイナーリーグの選手たちだ。

 長くキャンプ取材を続けている中で楽しみにしていることのひとつに、マイナーリーグに所属する日本人選手たちの成長のチェックがある。以前はシーズン中でもマイナー選手の取材をしたこともあったが、日本人選手の数が増えた現在では、メジャー選手たちの取材に忙殺され、選手が一堂に集まるキャンプで彼らマイナー選手の様子を覗くくらいしかできなくなってしまった。

 今回もアリゾナでキャンプ取材を続けながら、新たに海を渡ってきたインディアンズの村田透(投手)、ドジャースの西嶋一記(投手)、高野一哉(投手)、レンジャーズの尾中博俊(外野手)の各選手の元気な姿を取材してきた。

春季キャンプは生き残りをかけた背水の陣での戦いになる。

 日本の感覚でいけば、春季キャンプはあくまでシーズンに備える準備期間だが、マイナー選手たちにとっては事情がかなり違っている。

 キャンプでも解雇を賭けた壮絶な戦いを強いられているのだ。

 取材させてもらったドジャースでは今年も160人以上の選手が参加し、キャンプ終了後には例年通り10~15人が解雇されるという。さらにレンジャーズも30~40人の解雇が予定されている。

 メジャー選手のキャンプでは開幕メジャーを果たせなくても野球をする場まで奪われることはないが(中には招待選手としてキャンプに参加したベテランで開幕メジャー入りできずに引退を選ぶ場合もある)、若いマイナー選手たちはシーズン前に彼らの野球人生そのものが奪われてしまうことがあるのだ。

【次ページ】 6階層もあるマイナーリーグの種類とその内容。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ロバート・ブース
ロサンゼルス・ドジャース

ページトップ