MLB東奔西走BACK NUMBER

イチローだけがサムライじゃない!
マイナーから挑む若き日本人選手達。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byYasushi Kikuchi

posted2011/04/05 10:30

イチローだけがサムライじゃない!マイナーから挑む若き日本人選手達。<Number Web> photograph by Yasushi Kikuchi

写真左から高野一哉投手(18)、ロバート・ブース投手(25)、西嶋一記投手(22)。各選手とも日本でのプロ経験はなく、アメリカに渡り、マイナー契約でドジャースのキャンプに参加している。高野、西嶋両投手は今シーズンからの挑戦となる

マイナー出発でメジャー入りした日本人は4人だけ!

 若手選手の中には2Aから一気にメジャー昇格した例もあり、2A以上は非常にメジャーに近いレベルだと考えられている。ブースも2A入りという高い壁を越えなければ、念願のメジャー昇格どころか、途中で消えていった他の選手たちの仲間入りをしなくてはならないのだ。

 これまでも多くの日本人マイナー選手を見てきた。

 その中でマイナーからメジャー昇格を果たした若手選手(NPB出身のベテラン選手はあえて除く)は、マック鈴木、大家友和、多田野数人、田澤純一のわずか4人しかいない。

 さらにその中で2Aより下のレベルからスタートした選手で、メジャーまで辿り着いたのはマック鈴木のみという厳しい現実がある。

 この冬、自主トレに呼んでくれた斎藤隆投手から助言を受け、新たな投球フォームで2A昇格に挑むブース。とりあえずキャンプ終了後もハイAからシーズンを迎えることがほぼ決まっている。また、今年入団した村田は2A、西嶋、尾中の2人はショート・シーズン、そして高野はルーキーからシーズンをスタートさせる予定だ。

 自分が彼らにしてあげられることは「ガンバレ! そして少しでも長く生き残れ!」と励ますことくらいだ。いつかイチローのようにメジャーの世界で活躍することを祈って……。

 来年のキャンプで彼ら全員と笑顔で再会できるのを楽しみに、そしてメジャーで会うことを夢見ながら、今シーズンも取材を続けていくつもりだ。

■関連コラム► ドジャースに日本人名スカウトあり。20年後を見据えるMLB流選手育成術。
► アメリカでチャンスを探す日本人たち。~三澤興一と竹岡和宏~ (09/02/05)

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
3/3ページ
関連キーワード
ロバート・ブース
ロサンゼルス・ドジャース

ページトップ