SCORE CARDBACK NUMBER

カリスマ・クライフ、
13年ぶりに監督復帰か。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/10/19 06:00

カリスマ・クライフ、13年ぶりに監督復帰か。<Number Web> photograph by Getty Images

クライフはバルサに対して、就任の1年前から愛弟子グアルディオラを監督に推していた

 カタルーニャ州サッカー協会がヨハン・クライフに監督就任オファー。

 こんなニュースが初秋のバルセロナを駆け抜けた。

カタルーニャ出身で構成された選抜チームの監督に?

 歴史的に独立志向の強いカタルーニャ州は、サッカーにおいてもスペイン代表とは別に独自の選抜チームを持っている。

 FIFAに代表チームとして承認されていないため国際大会には出場できないが、地元の注目度は高い。昨年末にはコロンビア代表と試合を行なったが、クリスマス時期にもかかわらず、カンプノウには3万人近い観客が駆けつけた。

 チームはカタルーニャ出身の選手で構成され、バルセロナのカルレス・プジョルやジェラール・ピケ、セルヒオ・ブスケッツらが名を連ね、今季エスパニョールで中村俊輔のチームメイトでもあるジョアン・ベルドゥもいる。ベティスのセルヒオ・ガルシアは「カタルーニャの9番をつけるのは喜び」と語るなど、過密日程の中でも招集を断る選手はいない。

バルサのドリームチームがカタルーニャで復活!

 さて、クライフはこのカタルーニャ選抜監督の就任要請を受けるだろうか。

 彼は'96年にバルサの監督を辞して以降、現場から離れている。しかし、かつてバルサのドリームチームを率い、世界に攻撃サッカーを提示した彼の復帰を待ち望むファンは多い。いかに現在のバルサがスペクタクルで攻撃的なサッカーをしていようとも、クライフのドリームチームを忘れられないものなのだ。協会幹部は「クライフは最初は驚いていたが、現在は真剣に検討している」とポジティブだ。

クライフの監督就任をグアルディオラも後押し。

 クライフの愛弟子で、現在はバルサ監督のジョゼップ・グアルディオラはこの可能性に対し「クライフ? 悪くない監督だ(笑)。就任が決まれば嬉しいし、素晴らしいニュースだ」と笑顔。

 普段はご意見番としてバルサのサッカーを批評しているクライフ。今季も「バルサはさらに改善しなければならない」と辛口は健在だ。だが、この話が実現すればクライフのチームをグアルディオラが批評……という可能性も。そんな逆転現象を想像してみるのも楽しい。

 クールにコートを羽織り、ベンチで静かに試合を見守るクライフの姿。プジョル、ピケ、ブスケッツら、バルサの中心選手がクライフの下でプレーすることで、今のバルサに少しだけ本家ドリームチームの色が加わるかもしれない。

■関連コラム► もうひとつの「スペイン」代表。 (09/01/08)
► 【徹底検証】 バルセロナ「ドリームチームの再来」 (08/12/18)

関連キーワード
ヨハン・クライフ
ジョゼップ・グアルディオラ
バルセロナ

ページトップ