Jリーグ 

浦和が敷いた珍しい守備隊形の理由。美学よりも、相手が嫌がることを。

Jをめぐる冒険

浦和が敷いた珍しい守備隊形の理由。
美学よりも、相手が嫌がることを。

浦和レッズの“握力”が強まっている。一発勝負の大一番で勝利をがっちりと掴み取る“握力”だ。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/11/30

岩政大樹が岡山に持ち込んだ鹿島流。勝利の秘訣は「まだ言いませんよ」。

Jをめぐる冒険

岩政大樹が岡山に持ち込んだ鹿島流。
勝利の秘訣は「まだ言いませんよ」。

1-1で迎えた後半のロスタイム、松本山雅はセオリーどおり、ファジアーノ岡山のパワープレーをほとんど完璧に跳ね返していた。だ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/11/29

CS決勝直前、柏木陽介に漂う殺気。きっかけは恩師の「何やっとんや」。

サムライブルーの原材料

CS決勝直前、柏木陽介に漂う殺気。
きっかけは恩師の「何やっとんや」。

静かな殺気とでも言おうか。チャンピオンシップ決勝第1戦の2日前、浦和レッズの大原サッカー場。柏木陽介は全体練習が終わって居… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/11/29

「何も手にしていない。はしゃぐな」小笠原、永木コンビこそ鹿島の魂。

話が終わったらボールを蹴ろう

「何も手にしていない。はしゃぐな」
小笠原、永木コンビこそ鹿島の魂。

チャンピオンシップ準決勝は、鹿島アントラーズが1-0で川崎フロンターレに勝った。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2016/11/28

ファジアーノのDNAが花開いた瞬間。勝ち点差19を覆した「最後の5分」。

JリーグPRESS

ファジアーノのDNAが花開いた瞬間。
勝ち点差19を覆した「最後の5分」。

これは、単なる下剋上ではない。どのチームもできなかったことを、ファジアーノ岡山はやってのけた。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/11/28

浦和でDF、代表では中盤の葛藤。遠藤航が磨く「前で奪う」センス。

JリーグPRESS

浦和でDF、代表では中盤の葛藤。
遠藤航が磨く「前で奪う」センス。

ロシアワールドカップアジア最終予選サウジアラビア戦に向けた日本代表メンバーをヴァイッド・ハリルホジッチ監督が発表した際に… 続きを読む

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

2016/11/25

鹿島の勝負強さの源は「思い込み」?選手が語った単純すぎる理由とは。

Jをめぐる冒険

鹿島の勝負強さの源は「思い込み」?
選手が語った単純すぎる理由とは。

金崎夢生のヘディングによるゴールで均衡が崩れたあとの約40分は、それ以前に増して見ごたえのある攻防が繰り広げられた。ピッチ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/11/24

堂安律「なんで出れへんのやろ」ガンバが英才教育を施す天才の苦悩。

話が終わったらボールを蹴ろう

堂安律「なんで出れへんのやろ」
ガンバが英才教育を施す天才の苦悩。

ガンバ大阪U-23は、J3今季最終戦でYS横浜に0-2の完封負け。10勝8分12敗の9位でシーズンを終えた。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2016/11/23

松本山雅のサッカーは、魂に来る。J1昇格プレーオフの雰囲気やいかに。

JリーグPRESS

松本山雅のサッカーは、魂に来る。
J1昇格プレーオフの雰囲気やいかに。

いやあ、すごい。松本山雅FCのサッカーは、観る者の魂を揺さぶって離さない。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/11/22

グランパスに欠落した「リスペクト」。本田、吉田、玉田らOBが今語ること。

JリーグPRESS

グランパスに欠落した「リスペクト」。
本田、吉田、玉田らOBが今語ること。

8日、東京・羽田空港。昼過ぎに姿を現した田中マルクス闘莉王は、無念の表情を浮かべていた。 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2016/11/11

浦和、川崎、鹿島が出場するJリーグCS。優勝するのはどこ?

言わせろ!ナンバー

浦和、川崎、鹿島が出場するJリーグCS。優勝するのはどこ?

Number編集部Sports Graphic Number

2016/11/08

「ガムシャラさ」によりかからない。状況判断こそが久保建英の特別さ。

JリーグPRESS

「ガムシャラさ」によりかからない。
状況判断こそが久保建英の特別さ。

衝撃的なデビューを飾ることはできなかった。それでも、久保建英は確かに「違い」を見せつけた。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/11/07

湘南にあって、名古屋にない「希望」。スタイルを創るのは今しかない!

話が終わったらボールを蹴ろう

湘南にあって、名古屋にない「希望」。
スタイルを創るのは今しかない!

落ちるべくしてJ2に落ちた。名古屋グランパスのJ2降格は、不運でも間違いでもなかった。その理由は、J1リーグ最終戦、1-3で敗れ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2016/11/04

闘莉王「俺が何とかするよ」奇跡の逆転残留へ、男は微笑んだ。

JリーグPRESS

闘莉王「俺が何とかするよ」
奇跡の逆転残留へ、男は微笑んだ。

「昨日はボロ負けだった。みんな、頑張っているのに頑張り切れない。頑張りが結果につながらない。苦しいね。最近、あまり眠れて… 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

2016/11/02

降格危機が磐田から奪った「強気」。まず走れ、そこから全てが生まれる。

Jをめぐる冒険

降格危機が磐田から奪った「強気」。
まず走れ、そこから全てが生まれる。

記者席の位置がアウェー寄りだったことを差し引いても、どちらのホームゲームなのか分からないほど、アウェーサポーターの発する… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/11/02

曹監督に甘えた選手たちの依存心。湘南、降格の陰に「いい練習」問題。

話が終わったらボールを蹴ろう

曹監督に甘えた選手たちの依存心。
湘南、降格の陰に「いい練習」問題。

試合終了の笛が鳴った瞬間、菊池大介はピッチに伏せ、石川俊輝は溢れる涙をユニフォームで何度も拭った。ロッカーでは曹貴裁監督… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2016/10/25

ミシャと11年歩んだ通訳兼コーチ。杉浦大輔が語る名将の涙と戴冠。

JリーグPRESS

ミシャと11年歩んだ通訳兼コーチ。
杉浦大輔が語る名将の涙と戴冠。

名将に唯一にして絶対的に欠けていた「タイトル」という勲章――。それが手に入った瞬間が、15日のルヴァン杯決勝戦だった。 続きを読む

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

2016/10/21

ガンバのルヴァン杯はプラスだった!土台はある、あとは「もう1歩」の駒。

話が終わったらボールを蹴ろう

ガンバのルヴァン杯はプラスだった!
土台はある、あとは「もう1歩」の駒。

ルヴァンカップ決勝、ガンバ大阪は浦和レッズにPK戦で敗れ、2年連続での準優勝に終わった。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2016/10/19

森脇、柏木、阿部それぞれの喜び方。浦和の9年ぶりのタイトルに思う事。

Jをめぐる冒険

森脇、柏木、阿部それぞれの喜び方。
浦和の9年ぶりのタイトルに思う事。

浦和レッズの5人目のキッカー、遠藤航のPKが決まった瞬間、ピッチの上ではさまざまな想いが交錯していた。ベンチの前でPK戦の行… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/10/18

G大阪を完全に粉砕した浦和の“右”。駒井善成のドリブルは「やっかい」だ。

話が終わったらボールを蹴ろう

G大阪を完全に粉砕した浦和の“右”。
駒井善成のドリブルは「やっかい」だ。

凄まじい破壊力だった。浦和レッズは、これまで昨年のリーグ戦、天皇杯決勝などここぞという大事な試合でガンバ大阪に苦渋を舐め… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2016/10/04

ページトップ