SCORE CARDBACK NUMBER

35歳の“新人”、建山義紀。
高揚と冷静の狭間で。
~レンジャーズでのサバイバル~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2011/03/10 06:00

2月27日のロイヤルズ戦で、オープン戦初登板。マダックス投手コーチは及第点を与えた

2月27日のロイヤルズ戦で、オープン戦初登板。マダックス投手コーチは及第点を与えた

「なんとなくウキウキしていると言うか、もっと落ち着かなきゃいけないな、と思うんです」

 プロ13年目、35歳のレンジャーズ建山義紀は、キャンプ地アリゾナの真っ青な空の下で目を輝かせながら言った。メジャーでも屈指の充実した施設で汗を流す毎日は、新鮮かつ刺激的で、高揚感は隠しようがなかった。

 セットアッパーという役割もあり、昨オフ、メジャー挑戦の意思を表明した時点で、建山への注目度はさほど高くなかった。その一方で、レンジャーズは早い時期から建山のメジャー志向をつかみ、入念な調査を続けていた。アジア担当スカウトの視察は30試合以上に及んだという。昨季、日本ハムで58試合に登板し、自己ベストの防御率1.80の好成績を残したことで、獲得方針は即座に固まった。実際、昨年10月には建山自身がジャイアンツとのワールドシリーズを現地で観戦、11月30日に契約を結んだ。

 もっとも、建山の場合、年俸も立場も保証されていない。リーグ屈指の救援陣を持つレンジャーズでブルペンの7人枠に入り込むことは難関で、厳しい競争を勝ち抜かない限り、マイナー行きとなる。

厳しい競争を勝ち抜くため、着々と進めてきた事前準備。

 それだけに、事前準備は着々と進めてきた。渡米前には、東海大仰星高時代の同級生でもあるオリオールズ上原や、同い歳のエンゼルス高橋尚らに助言を求めた。2月初旬には早々とキャンプ地入りし、集合日前には硬いマウンドや滑るボールへの対策を終えた。家族を同伴することで、食事面でのサポート態勢も整えた。

 24日の紅白戦では、先頭打者に本塁打を浴びたものの、後続をピシャリと抑え、10球中ストライク9球と抜群の制球力をアピール。27日のオープン戦初戦でも1回1安打無失点と、上々の滑り出しを見せた。ワシントン監督によると、現時点での空き枠は3人。その狭き門に10人前後の候補が群がる。

「これからはもっとプレッシャーもかかってくるだろうし、楽しいという感覚から現実の厳しさにもぶつかってくると思います。ただ、米国に合わせることよりも、自分が持っているものを全部出すことに専念します」

「ウキウキしている」という言葉とは裏腹に、オールド・ルーキーの視点は、ブレていない。

■関連コラム► ジェイミー・モイヤーと大塚晶則。復活にかけるベテラン投手のド根性!
► 上原浩治が急に化けた!? 絶好調の鍵は二重の“緩急”。

ページトップ