NumberEYESBACK NUMBER

21歳の新世界王者、
堂々たる試合ぶり。
~井岡一翔の勝利の価値~ 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/02/28 06:00

21歳の新世界王者、堂々たる試合ぶり。~井岡一翔の勝利の価値~<Number Web> photograph by KYODO

 元世界王者の叔父を持つボクシング界のサラブレッド、井岡一翔(かずと)が世界チャンピオンに輝いた。プロ7戦目での世界タイトル奪取は、あの辰吉丈一郎と名城信男を超える日本最速記録。派手な新記録樹立とは裏腹に、そのボクシングは実に巧みで、玄人をもうならせる内容だった。

 チャンピオンのオーレドン・シッサマーチャイはここまで40戦無敗。39勝のうち14KOという数字が示すように、待ちのボクシングが得意な技巧派である。対する井岡はアマチュアで105戦のキャリアがあるとはいえ、プロ戦績はわずか6戦しかない。百戦錬磨の王者に挑戦者の若さと勢いが通用するのか。両者の実績を見比べて、多くの関係者が「挑戦者らしく」というフレーズを思い浮かべたのではないだろうか。

「挑戦者らしく」とはボクシング界でよく使われる言葉である。チャレンジャーは引き分けだとタイトルを奪うことができない。多くの場合、チャンピオンのキャリアは厚く、試合運びにも長けている。対するチャレンジャーは若く、体力に自信はあっても経験は浅い。だから挑戦者は勇ましく前に出て、手数を出し、アグレッシブに戦うのだと。

チャンピオンに自らのボクシングを見失わせた井岡のフェイント。

 ところが井岡はあえて挑戦者らしくファイトしなかった。

「チャンピオンは下がりながらボクシングをするのがうまい。逆に自分から前に出て仕掛けるのは苦手。だから誘って、誘って、相手に攻めさせる。頭を使ってボクシングをするように心がけた」

 ただ前に出ない、手数を出さないだけなら凡庸なボクサーにだって可能だろう。ポイントは「誘って、誘って、相手に攻めさせる」の部分だ。確かに井岡はあまり前に出ず、手数も決して多くはなかった。ならばボクシングが消極的であったかといえば、まったくそうではなかった。

 井岡が積極的に使った技術がフェイントだ。手、肩、足、目……。パンチをもらわない距離を慎重にキープしながら、あらゆる部位を使って攻めると見せかけた。あるいは攻めないと見せかけ、虚を突くようにパンチを繰り出した。井岡が攻めた瞬間に合わせて攻撃を仕掛けたいオーレドンは、誘われて、誘われて、自らのボクシングを見失った。

【次ページ】 記録以上に、評価されるべきは技巧的な試合内容。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
井岡一翔

ページトップ