月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

代表監督とSMAP解散の報道は同じ?
スポーツ紙を動かすのは誰なのか。

posted2018/07/31 07:00

 
代表監督とSMAP解散の報道は同じ?スポーツ紙を動かすのは誰なのか。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

U-21代表監督と兼任になる森保一新監督。初陣は9月7日のチリ代表戦。

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph by

Shigeki Yamamoto

 スポーツ新聞の華と言えばなんだろう。

 私は「監督人事」記事がその1つだと思う。各紙に咲き乱れるとワクワクする。正解は誰だ!?

 代表的なのはプロ野球の監督人事だ。有力な情報もあれば、スポーツ紙との関係から放たれていそうな情報もある。その行間を読みながら紙面を凝視する。

 今月私の目をくぎ付けにしたのがサッカーの日本代表の次期監督記事である。これがまた咲き乱れた。

 各紙分かれた。日刊スポーツは『続投オファー 西野監督 2年4億』(7月5日)。

「日本サッカー協会が、W杯ロシア大会日本代表の西野朗監督(63)に年俸2億円(推定)の2年契約でオファーを用意していることが4日、分かった」

「分かった」というのだから誰かが教えてくれたのは間違いない。そして、記事の中で日刊スポーツの自信が伝わってきたのがこちらだ。

「日本協会は、100人以上の大物外国人監督らの売り込みに見向きもせず、西野監督に条件提示する」

 まるで決定事項。

スポニチとデイリーはクリンスマン。

 一方、スポーツニッポンはその前日に、

『西野退任 後任決定的クリンスマン氏 夢の続きは独の名FWに託す』(7月4日)

「W杯で16強入りした日本代表の次期監督として、前ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏(53)の就任が3日、決定的となった」

 デイリースポーツも『次期監督クリンスマン氏浮上』(7月4日)

 いったいどっちなんだろう。

【次ページ】 情報提供者の「意見」が紙面を変える。

1 2 3 4 NEXT
森保一
SMAP
森喜朗

ページトップ