日々是バスケBACK NUMBER

八村&ファジーカス加入で劇的変化。
歴史的勝利が導くバスケ代表の未来。

posted2018/07/09 11:00

 
八村&ファジーカス加入で劇的変化。歴史的勝利が導くバスケ代表の未来。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

世界ランキング10位(アジア1位)の豪州戦。序盤から強気の攻めを見せて日本代表チーム全体にスイッチを入れた八村塁。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 日本のバスケットボール・ファンにとって、忘れられない、悔しい試合がある。

 2006年8月、日本で開催された世界選手権グループラウンドの対ニュージーランド戦だ。その2日前のパナマ戦で勝利をあげていた日本は、格上で勝ち目はないとみられていたニュージーランドとの試合でも、持ち味の速い攻撃を生かして主導権を取り、前半が終わって38-20と予想外の18点大量リード。勝てば史上初のグループラウンド突破というチャンスを前に、ファンはつかの間の夢を見た。

 しかし、後半に入って続けてミスを誘われ、追い上げられ、最後は連続3Pシュートを決められて逆転負け。

 勝ちきることの難しさ、ホームの味方の応援が逆にプレッシャーとなることの怖さを痛感した。

 その後の日本バスケ界の迷走もあり、日本の限界の象徴として、人々の記憶に刻まれてしまった。

唯一残る当時のメンバー竹内の悔恨。

 当時の代表メンバーで、今夏も唯一代表メンバー入りしている竹内譲次(現アルバルク東京)は、あの時の大会で自分の力を出し切れなかったことを後々まで後悔したという。

「あの時はまだ21歳で、試合にはそこそこ出させてもらっていたんですけれど、代表チームについていくのが精いっぱいだった。あまり我を出せなくて、すごくもったいないことしたなっていうのがずっとあった。

 世界選手権に出て、ダーク・ノビツキー(ドイツ代表)だとかパウ・ガソル(スペイン代表)がいるチームとやるなんて、人生の中でそう何回もないチャンス。もちろん、試合の流れのなかで、チームの決まりごともあるんですけれど、あの時の自分に何か言えるんだったら、『もっと我を出すんだった』。国際ゲームになるといつも思うことですね」

【次ページ】 アジア・ランキング1位の豪州に勝利!

1 2 3 4 5 NEXT
八村塁
ニック・ファジーカス
川崎ブレイブサンダース
フリオ・ラマス
田臥勇太
東京五輪
オリンピック

ページトップ