プロ野球列島改造論BACK NUMBER

東洋大の逸材投手3人が悩ましい……。
阪神ドラ1の珍名にまつわるジンクス。

posted2018/06/21 10:30

 
東洋大の逸材投手3人が悩ましい……。阪神ドラ1の珍名にまつわるジンクス。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

その名前のインパクトで阪神ファンから永遠に記憶される源五郎丸洋。ラグビーの五郎丸人気で、近年も注目された。

text by

ダンカン

ダンカンDankan

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 本格的な夏もまだなのに、早くもプロ野球ファンの間ではオフのドラフトの話題がはじまっている。中でも注目されているのが、東洋大学のドラフト候補トリオ、上茶谷大河・甲斐野央・梅津晃大の3投手である。

 さて、俺の愛すべき阪神タイガースはこの3人のうち誰を指名するのか?

 上茶谷いいねぇ! 181センチ85キロと体格にも恵まれているし、何より大河(たいが)というのがタイガースにドンピシャリ! 京都生まれで東洋大となればかつての代打の神様・ヒーやん(桧山進次郎)と同じではないか。春のリーグ戦の対駒大で20奪三振というリーグ奪三振記録を引っ下げ上茶谷にタテジマを着て頂きますか!? 

 ……いやしかし、上茶谷は無しにしよう。

なぜ俺は梅津を推すのか?

 次に甲斐野央。

 こちらも185センチの身体から最速159キロの速球を武器に春のリーグ戦では防御率1.80とチームのリーグ三連覇に貢献。阪神に入って165キロも夢じゃない! よっしゃ甲斐野、この投手こそ阪神に……いえいえ獲りません。

 ということで、梅津である。

 全日本大学野球選手権で6月13日九産大にまさかのコールド負けとなるサヨナラホームランを浴びたけど187センチの長身からの150キロ越えに虎の将来を託すか!?

 えっ、なぜ上茶谷や甲斐野を獲りにいかず梅津を? 

 もしかして、すでに他の選手に他球団との密約があるというネタを握っているのか?

 いいえ……全ては阪神タイガースの“ドラフト1位・呪われた珍名”の歴史があるからなのだ。

【次ページ】 珍しい名前が阪神で死屍累々……。

1 2 NEXT
上茶谷大河
甲斐野央
梅津晃大
東洋大学
五月女豊
益山性旭
源五郎丸洋
湯舟敏郎
藪恵一
藤田太陽
鶴直人
蕭一傑
二神一人
阪神タイガース

ページトップ