草茂みベースボールの道白しBACK NUMBER

日大アメフト問題に見る球界監督論。
時代は「ボス」から「リーダー」へ。

posted2018/06/07 11:15

 
日大アメフト問題に見る球界監督論。時代は「ボス」から「リーダー」へ。<Number Web> photograph by Kyodo News

サヨナラ打を放った選手と抱き合うDeNAラミレス監督。チームは6月5日現在、23勝25敗2分、首位広島と5ゲーム差の2位にいる。

text by

小西斗真

小西斗真Toma Konishi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 スポーツ紙やテレビの情報系番組だけでなく、一般紙やニュース番組も連日取り上げている日大の「悪質タックル問題」。

 アメフットを観たことがない人でも、あの動画を見ればただの反則ではないとわかるだろう。そして誰もが「本当に異常なのはこの選手ではないはずだ」と推論し、その後の展開は予想通りになっている。

 大学フットボールを牽引してきた名門の闇。指示したとされる内田正人前監督は、大学の常務理事(辞任)という要職にも就いていた。いったいなぜこんなことが起こったのか。いや、なぜこんな人物が学生スポーツを指導していたのか。

 そんな疑問に答えてくれるのがDeNAのアレックス・ラミレス監督の著書『CHANGE!』だ。

 ラミレス監督は「将来監督になりたい」と考え始めた現役時代から、自らに「そもそも監督とはいったい何だろう」と問うてきた。行き着いたのは監督には「ボス型」と「リーダー型」があり、自分が目指すべきは後者だということだ。以下、同書から引用する。

《ボス型の監督の姿勢としては、「選手を使う」という印象がつきまとう。もしくは「選手を叱責する」姿を思い浮かべてもいいだろう。このタイプの監督が選手たちと会話を交わす際には、「オレが、オレが」という態度が前面に押し出されるはずだ。自分こそがチームの司令塔である、との思いが強く、自分は命令を下す立場にあると信じている。チームを率いる上で、監督には一定の権力が与えられている。したがって、その権力を行使して、恣意的な起用もできる。何かミスがあれば、その責任を選手に押しつけ、彼らを非難することもあるだろう。逆に何かいい結果が出れば、その手柄はすべて自分のものとするかもしれない。これが私のイメージするボス型の監督の姿である》

「乖離があった」と平気で言う理由。

 対して自らが目指すリーダー型の監督像をこう考える。

《「選手たちを育成したい」「選手たちを指導したい」「選手たちの前向きな気持ちを奨励したい」「選手たちのやる気を刺激したい」という思いが行動の源であり『その後、いい結果が出れば、その功績はすべて選手のものだ。まず先に考えるべきなのは、選手であり、自分のことであってはならない』》

 この引用部分を読むだけで、内田前監督や井上奨前コーチら指導者が、当該選手との間に「乖離(かいり)」があったなどと平気で言う理由がよくわかる。

 同書はタックル事件以前に出版されているのだが、これぞボス型監督の典型例であり、暴走が暴走を呼び、最終的にたどり着いたのがこの悲劇だったのは、ある意味では必然なのだ。

【次ページ】 「愛があれば殴る」を変えた人たち。

1 2 3 NEXT
日本大学
内田正人
アレックス・ラミレス

ページトップ