オリンピックPRESSBACK NUMBER

SONYを辞めて最強オランダで勝負。
ホッケー及川栞、プロ転向の野心。

posted2018/05/06 07:00

 
SONYを辞めて最強オランダで勝負。ホッケー及川栞、プロ転向の野心。<Number Web> photograph by Getty Images

大企業を辞してでも競技に打ち込みたい。及川栞の強い想いは、女子ホッケー界を引っ張る原動力となるか。

text by

中田徹

中田徹Toru Nakata

PROFILE

photograph by

Getty Images

 女子ホッケー日本代表DF、及川栞が「私、日本初のプロ・ホッケー選手になります!」と高らかに宣言した。

 天理大を卒業後、7年間勤めたソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ社を退社すると同時に、ソニーHCブラビア・レディース(以下、ソニー)を退団した及川は、オランダ1部リーグの新鋭強豪クラブ、オランイェ・ロートの一本に絞ることにしたのだ。

「私の一番の目標は『最高のモチベーションと最高の競技力で東京オリンピックに臨み、そこでやり切ってメダルを獲る』ということ。プロとしてあと2年半、世界ランキング1位のオランダ(注:日本のランキングは12位)で頑張って、世界一のDFになります」

ソニー所属時は給料は途切れなかったが。

「プロとはなんだろう?」と及川に尋ねると「ホッケーだけで生活することです」と答えた。

「日本の女子ホッケーは企業スポーツ。会社員としてのホッケー選手じゃないですか。 ソニーの場合は定時まで働くわけじゃなく、3時半まで働いて、早く抜けさせてもらってホッケーするという感じ。 完全にプロではないですよね。今は、本当にホッケーのことだけ考えて、ホッケーをしてという生活になったから、頭がスッキリしたのかな!?」

 過去1年半、オランダリーグ参戦中はオランイェ・ロートから、日本に帰った時にはソニーから給料を貰っていた。

「ソニーに所属していた時には給料が途切れることはなかった。でも、これからは日本での収入がなくなります。オランイェ・ロートからは給料の他に家賃、光熱費、練習後の食事、年2回の航空チケットが出ます。身体が資本ですので、食べたいものを食べてますが、オランダでの生活でお金に困ったことはないです。だけど、(総収入としては)やっぱり年2回のボーナスがなくなるのはデカイ(笑)」

【次ページ】 東京五輪へ、ベストの選択肢はオランダ。

1 2 3 4 NEXT
及川栞
東京五輪
オリンピック

ページトップ