野球クロスロードBACK NUMBER

楽天・今江年晶に流れるPLの血。
「稼頭央さんを安心させたいです!」

posted2018/04/21 08:00

 
楽天・今江年晶に流れるPLの血。「稼頭央さんを安心させたいです!」<Number Web> photograph by Kyodo News

今江年晶はPL学園からドラフト3巡目で2002年ロッテに入団。高校の同級生には朝井秀樹、桜井広大、小斉祐輔らがいた。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 今年からまた、ひげを蓄えるようになった。

 ロッテ時代のトレードマークは、今江年晶をより一層、たくましく映す。

「球団には、ずっと『伸ばしたいです』と言っていたんで。それで今年、許可をいただいただけなんですけどね。毎日ひげを剃ると、肌が荒れてヒリヒリするんで、『しっかりと整えれば生やしてもいいんじゃないかな?』ということで、認めてもらっただけですよ」

 そこに含蓄がないと言わんばかりに、今江は淡々と理由を述べる。

 ただ、その精悍な表情に触れると「ようやく、今江らしさが戻ってきたな」と感じてしまうし、不思議とプレーでも「らしさ」が戻ってきたように思えてしまう。

 甘いボールが来れば迷わずバットを振りぬく。規定打席に到達はしてはおらず、打率も2割5分(成績はすべて4月20日現在)と圧倒的な数字を残しているわけではない。それでも、14試合で2本塁打、8打点、得点圏打率3割7分5厘と、ロッテ時代に示していた勝負強さを発揮している。

「なにやってんねん、俺……」

 今季の出だしは上々だ――。そう周りは認識するかもしれないが、今江自身に慢心はない。「いやいや」と他者の声を否定するように、気持ちを引き締めている。

「いいスタートを切れたと言われてもね……。今が良くても怪我とかしたら意味がないんで。だから結果に一喜一憂しないで、今できることをしっかりやることしか考えてないですよ」

 謙虚ではなく危機感。

 今季の今江を突き動かしている感情で、最も当てはまるのは、きっとそれだ。

 2015年のオフに、ロッテからFAで移籍してからの2年間、期待されながら故障などで満足のいく成績を残せていない。ロッテ時代は不動のレギュラーだった男が、楽天加入後の'16年と'17年は出場が100試合に到達していないのだから、不甲斐なさは募るばかりだ。

「なにやってんねん、俺……」

 そう、自分を戒める日のほうが多かったと、かつて今江は漏らしていた。

【次ページ】 「1年間、頑張る」から1試合1試合に。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
今江年晶
松井稼頭央
東北楽天ゴールデンイーグルス
PL学園高校

ページトップ