プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武に現れた俊足強打のルーキー。
清宮と同い年の18歳、西川愛也。

posted2018/04/19 10:30

 
西武に現れた俊足強打のルーキー。清宮と同い年の18歳、西川愛也。<Number Web> photograph by SEIBU Lions

西武のルーキー西川愛也はイースタンリーグでは、3割5分1厘(4月17日現在)の打率の好成績を残している。

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

SEIBU Lions

 4月10日、イースタンリーグ、埼玉西武ライオンズ対北海道日本ハムファイターズの試合がメットライフドームで開催された。

 開門前からファンがゲートに長蛇の列を作り、二軍戦とは思えないほど多くのカメラがベンチ前に並ぶ。カメラのレンズが向く先にはこの日、実戦復帰を迎えた清宮幸太郎の姿があった。

 超大物ルーキーの動向に、メディアも野球ファンも熱い視線を注いでいた。

 ただし、ライオンズにも注目のルーキーがいる。西川愛也(まなや)、内野手。清宮と同い年の18歳だ。

 西川は今シーズン、花咲徳栄高校からドラフト2位で入団した。帽子のサイズが53センチという小さな顔に、長い手足。抽象的な表現になるが、打席に入ったときにピタリと絵になる、スター性を感じさせる選手だ。

 高卒ルーキーながら、イースタンリーグ開幕5戦目からスターティングメンバーで起用され、リーグ2位となる3割7分7厘の打率を残している(4月17日現在)。高校時代に痛めた古傷の影響もあり、現在は指名打者での出場に留まってはいるが、優れたミート力に加えて、脚も速い。

『愛也』という名前の通り、ライオンズファンに愛される要素を十分に備えている選手だ。

普通のルーキーはまずバットを振れない。

 高木浩之・二軍野手総合コーチ兼打撃コーチは語る。

「まだ50打席くらいなので結果では判断できませんが、ボールに対して手数が出るのはいいですね。普通は、なかなかバットを振れないもの。初めての対戦だし、ましてや初めてプロの投手に対するわけですから……。タイミングを合わせることが難しいし、合わないことのほうが多いのに、失敗を恐れずに振っていけるのは長所だと思います」

 普通なら「まずはボールを見よう」という心理が働くと高木コーチは言う。

「バットを振っていこうと口で言うのは簡単。でもなかなか手が出ないものなんですよ、それをアジャストして、あれだけライナー性の打球が打てるのは高い能力があるからこそでしょう。本当の勝負はこれから。プロは変化球にキレもあるし、いろいろな投手との対戦が二回り目になったとき、どう対応していくのか。僕も楽しみにしています」(高木コーチ)

【次ページ】 手を揺らす独特のバッティングフォーム。

1 2 3 NEXT
清宮幸太郎
西川愛也
埼玉西武ライオンズ
花咲徳栄高校

ページトップ