ROAD TO THE DERBY 2018BACK NUMBER

皐月賞で評価を変えたサンリヴァル。
調教師+騎手、藤岡親子の挑戦。

posted2018/04/18 07:30

 
皐月賞で評価を変えたサンリヴァル。調教師+騎手、藤岡親子の挑戦。<Number Web> photograph by Shiro Miyake

血統的に地味なこともあってか皐月賞では人気薄だったものの、結果は2着。一躍世代の上位陣として注目度が上がった。

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph by

Shiro Miyake

 皐月賞では9番人気で単勝24.6倍。そんな低評価を覆して2着に善戦したのがサンリヴァルだ。

 栗東、藤岡健一調教師の管理馬で騎乗したのは藤岡佑介。親子での挑戦だった。

 佑介が初めてサンリヴァルに跨ったのは皐月賞の前走である弥生賞の調教で、だった。

 同馬はそれまで3回レースを走っていた。新潟芝1800mの新馬戦を快勝すると、中山芝2000mの芙蓉SとホープフルSに出走。それぞれ1、4着という結果を残していた。

 それらの戦いぶりを見ていた佑介。次のようなイメージを持っていたと言う。

「頭が高いし、まだ緩くて幼い感じだと思いました」

 実際に跨ると、やはりそういう感じはあったと言いながらも「でも……」と言葉を続けた。

「でも、そういう部分を補える推進力がありました。さすがクラシックを目指せる馬だと思えました」

皐月賞前に、またギアが上がっていた。

 この点に関しては父の健一が首肯して語る。

「能力が高い馬であることは最初から分かっていました。ホープフルS、弥生賞と負けはしたけどそれほど大きく負けてはいませんしね」

 実際ホープフルSは勝ったタイムフライヤーと0秒6差、弥生賞は同ダノンプレミアムと0秒3差しか離されてはいなかった。ちなみに当時の2着ワグネリアンとは0秒1差であり、そのワグネリアンが皐月賞で1番人気に支持されたことを思えば、サンリヴァルは人気を落とし過ぎていた感がある。

「弥生賞もよく頑張ってくれたけど、その後皐月賞前に跨ったら、またギアが1、2段上がっている感じを受けました」

 だから勝ちを意識してクラシック初戦に参戦出来たと言う。

【次ページ】 エポカドーロをマークしていた佑介。

1 2 3 4 NEXT
藤岡佑介
藤岡健一
サンリヴァル

ページトップ