Number ExBACK NUMBER

4000枚の写真から選ばれたこの1枚!
羽生結弦の「眼力」を堪能する。

posted2018/04/05 17:00

 
4000枚の写真から選ばれたこの1枚!羽生結弦の「眼力」を堪能する。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

左が今号のNumberPLUS『銀盤の聖者たち』表紙。右は3月1日発売の『平昌五輪総集編』号で最終候補となった幻の別パターン表紙。

text by

後藤茂仁(Number編集部)

後藤茂仁(Number編集部)Shigehito Goto

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 平昌オリンピック、フィギュアスケート男子フリー。前日のショートプログラムで首位となった羽生結弦は、観衆の大声援のなか最終組の4番滑走に登場した。

 冒頭の4回転サルコウ、4回転トウループは、GOE(出来栄え点)で満点の3.00を獲得する完璧なジャンプ。前日と同様に、会場の空間を支配するような華麗な演技が続く――。

 それが一瞬揺らいだのが演技中盤だった。

 本来予定していた4回転トウループからの3連続ジャンプが、着氷の乱れで単独となってしまう。

 右足首の怪我で約4カ月も実戦から離れていた羽生に、フリーを滑り切る体力が戻っているのか? 大会前から懸念されていた不安が再び頭をもたげる。

 しかしその直後、そんな不安は覆されることになる。

 羽生は続く連続ジャンプの内容をトリプルアクセル-2回転トウループから、トリプルアクセル-1回転ループー3回転サルコウの3連続へと変更し、失った得点の巻き返しを図ったのだ。

 力強い和太鼓の音とともに盛り上がっていく音楽にのって、後半も熱のこもった演技を続ける羽生は、最後のジャンプとなる3回転ルッツでバランスを大きく崩すも手をつくぎりぎりでこらえ、見事金メダル――五輪連覇を達成してみせた。

「撮る側も圧倒される演技でした」

 今回発売されたNumberPLUS『FIGURE SKATING TRACE OF STARS 銀盤の聖者たち』のカバー表紙となった写真は、まさにその“巻き返し”の3連続ジャンプに入る直前の羽生を捉えたものだ。

 ジャッジの方向に向けて右手をかざす(印を結ぶ)その表情は、勝利へと向かう気迫に漲りつつ、どこか自信を感じさせる笑みのようにも見える。

 羽生がこの表情、姿勢を見せたのは、映像を見返してみても1秒に満たないほどの一瞬。撮影したカメラマンの榎本麻美はこう話してくれた。

「今大会では表情からすごい気迫が伝わってきて、撮る側も圧倒される演技でした。表紙のカットは狙って撮れたものではないんです。必死でシャッターを押し続けていたら撮れていた、という一枚でした」

【次ページ】 4000枚のカットから選ばれた、この1枚!

1 2 NEXT
羽生結弦
平昌五輪
オリンピック

ページトップ