バスケットボールPRESSBACK NUMBER

バスケ界の“レジェンド”大神雄子。
現役最後の勇姿を絶対に見逃すな!

posted2018/03/15 08:00

 
バスケ界の“レジェンド”大神雄子。現役最後の勇姿を絶対に見逃すな!<Number Web> photograph by Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT

21歳という若さでアテネ五輪に出場した大神雄子。アンテロープスで有終の美を飾れるか?

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT

 今季限りでの引退を表明している偉大な選手のフィナーレが近づいている。

 3月11日、石川県輪島市で行なわれたWリーグ・レギュラーシーズン最終節。女子バスケットボール界の顔として長い間、君臨してきたポイントガードの大神雄子は、この日もトヨタ自動車アンテロープスのキャプテンとして先発でコートに立った。

 緩急自在のゲームコントロールと、切れ味のあるパスは健在。3ポイントシュートは3本打って2本を決めた。35歳になってなお身体にはキレがあり、軸のぶれないピボットターンは美しかった。

 21分間のプレーで、6得点4アシスト。チームは75-64でトヨタ紡織サンシャインラビッツを下し、レギュラーシーズンの順位は3位と確定した。

「プレーオフでは1つ負ければ終わり」

 試合後はまず、反省の弁が口を突いた。

「プレーオフ進出を決めているので、そこへどうつなげていくかという試合だった。課題はありますね」

 そう言いながら眉間にしわを寄せたように、詰めの甘さが露見した試合だった。

 トヨタは第1Qで18-13と手堅くリードすると、第2Qで15点差、第3Qでは最大で19点差をつけた。けれども、第4Qは立ち上がりから隙を見せてしまい、残り7分30秒から5連続シュートを決められて58-54。セーフティーリードを一気に失う。

 水島沙紀の3ポイントや馬瓜エブリンのゴール下などで最後は突き放したが、経験豊富な大神にとって、4点差まで詰め寄られたのは看過できない反省材料だった。

「自分たちで点差を縮めさせてしまった。何が起こるか分からないのがバスケット。突き放せるときに離さないといけない」

 そして、意を決したように加えた。

「プレーオフでは1つ負ければ終わりですから」

【次ページ】 17日(土)から始まるプレーオフへ。

1 2 3 NEXT
大神雄子
トヨタ自動車アンテロープス
水島沙紀
馬瓜エブリン

ページトップ