欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

宇佐美貴史「元気君、リスペクト」
原口との悪ガキ両翼でついに覚醒か。

posted2018/03/11 08:00

 
宇佐美貴史「元気君、リスペクト」原口との悪ガキ両翼でついに覚醒か。<Number Web> photograph by Getty Images

ブンデスで燻っているイメージが強くなってしまった宇佐美貴史だが、いよいよ本領発揮の時だ。

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph by

Getty Images

 フォルトゥナ・デュッセルドルフにとって、原口元気の加入はこの冬の大きな目玉だった。

 だが、ふたをあけてみれば海老で鯛を釣ったというか、一粒で2度美味しかったというか、カモがネギを背負ってやってきたというか。原口ひとりが加入しただけなのに、宇佐美の状態まで上がってしまったのだ。

 前半戦は鳴かず飛ばずだった宇佐美貴史にとって、どれだけ原口の存在が刺激になっているか。それは結果を見れば一目瞭然。

 2月からの3試合連続ゴール、陰のアシストは原口と断定して間違いない。もちろん原口が海老で、宇佐美が鯛だと言いたいわけではないというのは強調しておきたいのだが、クラブにとっては期待以上の効果だっただろう、と言いたいわけだ。

 バイエルン・ミュンヘンでドイツでのキャリアをスタートさせた宇佐美は、昨夏ついに2部に活躍の場を求めた。その前のシーズンはアウクスブルクで先発5試合、フル出場1試合。戦力として捉えられているとは言えない数字だった。

「90分走りきれる自信がデカい」

 1年間ほとんど試合をしなかったことで、体力の衰えは甚だしかった。

 フォルトゥナ加入当初、本人の言葉を借りれば「リハビリのような状態」からスタート。フンケル監督からは「まあ、半年はかかるだろう」と言われていたそうだが、その予言通り、後半戦に入ってようやくスタートラインに立った格好だ。

 このところ一気に調子が上がっているように見えるが、と取材を切り出すと、意外なテーマから話を始めた。

「そうですね、レーゲンスブルクのときに、スタメンで出れたのがでかくて、その時に最初わりと早い段階で点も取れて。で、『そうか、90分全然いけるな』っていう手応えもあった。技術的な自信というよりは、90分しっかり走りきれるという自信がデカいかなと。結果的にこの間の試合よりも、ザンクトパウリ戦の方が1キロくらい多く走ってて」

【次ページ】 途中出場でもキツかったのが一転。

1 2 3 4 NEXT
宇佐美貴史
原口元気
フォルトナ

ページトップ