オリンピックPRESSBACK NUMBER

小平奈緒が李相花へかけた言葉。
「チャレッソ」の意味と2人の友情。

posted2018/02/19 11:30

 
小平奈緒が李相花へかけた言葉。「チャレッソ」の意味と2人の友情。<Number Web> photograph by Tsutomu Kishimoto/JMPA

レース後には、ふたりで一緒にリンクを回って観客に感謝を伝えていた小平と李。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Tsutomu Kishimoto/JMPA

 平昌五輪スピードスケート会場「オリンピックオーバル」は、満員の観衆で埋め尽くされていた。

 2月18日のメインイベントはスピードスケート女子500m。

 バンクーバー五輪、ソチ五輪でこの種目を連覇し、韓国で“女帝”と呼ばれている世界記録保持者の李相花(イ・サンファ)が、五輪3連覇の偉業を達成するか。

 あるいは、'16年10月からW杯と世界選手権で無敗を誇る小平奈緒が強さを証明するのか。

 韓国メディアが開幕前から分厚く報じていた注目のレースは、ハイレベルなタイムと友情に満ちあふれる一戦となった。

 号砲。

 先に滑ったのは14組の小平だった。オランダのプロチームでの武者修行中に、ともに汗を流したカロリナ・エルバノバ(チェコ)との同走。スタートこそ流れ気味になった小平だったが、最初の100mを10秒26の素晴らしいタイムで通過すると、得意のカーブで一気に加速していく。

会場に渦巻いた「イ・サンファ」コール。

 バックストレート、2つ目の大きなカーブ、そして最終ストレート。

 最後まで勢いを保ってゴールした小平のタイムは36秒94、五輪新記録だった。

 会場はどよめいた。

 しかし、そのどよめきは、すぐに「イ・サンファ」コールにかき消されていった。李は次の15組の登場だ。

 李は得意のロケットスタートを決めた。最初の100mを全選手中最速の10秒20で通過し、バックストレートの伸びもまずまずだった。

 しかし、最後にスピードが落ちた。

【次ページ】 「全てが報われた気持ちです」

1 2 3 4 NEXT
小平奈緒
イ・サンファ
李相花
カロリナ・エルバノバ
平昌五輪
オリンピック

ページトップ