オリンピックへの道BACK NUMBER

渡部暁斗が欲しいのは金メダルだけ。
「2という順位、数字は見飽きた」

posted2018/02/04 11:00

 
渡部暁斗が欲しいのは金メダルだけ。「2という順位、数字は見飽きた」<Number Web> photograph by AFLO

五輪を前にした大会で3連勝。日本人選手団の中で渡部は抜群の上昇ムードだ。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO

 大舞台を、これ以上ない状態で迎えようとしている。ノルディック・コンバインドの渡部暁斗だ。

 1月26日から28日にかけて、オーストリアで行なわれたワールドカップでは3試合すべてで優勝。内容を見ても、前半のジャンプでリードを奪い、後半のクロスカントリーではゆとりをもって逃げ切るという磐石の展開だ。

「タイム差を考えれば、簡単なレースでした」

 渡部も言う。

 この3連続優勝で、今シーズンのワールドカップ総合成績でも首位に立った(1月31日現在)。

「(銀メダルを獲得したソチ五輪よりも)金メダルとの距離は、確実に近くなっています」

 長いキャリアを経て、ようやく世界一が見えてきたと手ごたえを感じている。

安定した成績は、徹底した技術の探究心がベース。

 渡部は現在29歳。2006年、高校2年生のときにトリノ五輪に出場。2010年のバンクーバーに続き、3度目のオリンピックとなったソチで、銀メダルを獲得している。その足跡を支えてきたのは、徹底した技術へのこだわりにうかがえる貪欲なまでの探求心だ。

 日本代表ヘッドコーチの河野孝典氏が「もっとも質問してくる選手」と言ったことがあるのは一例だ。また、大学卒業後は竹内択、日本代表ヘッドコーチの横川朝治氏とともにジャンプの技術を磨いた。

 大きく成績が沈み込むことなく、安定して上位で活躍する選手となれたのは、細かなところをおろそかにせず、積み重ねてきた技術があるからにほかならない。

【次ページ】 W杯総合成績は過去6シーズンで2位、3位が3度ずつ。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
渡部暁斗
荻原健司
平昌五輪
オリンピック

ページトップ