プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

「噛ませ犬」事件から35年が過ぎ――。
昭和の“革命戦士”長州力の現在。

posted2018/01/18 11:00

 
「噛ませ犬」事件から35年が過ぎ――。昭和の“革命戦士”長州力の現在。<Number Web> photograph by Essei Hara

老いたりとはいえ、その“革命戦士”としての目の輝きは変わらない。その闘争の遺伝子を、長州は果たして誰に伝えていくのか……。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

「いいものはいい。悪いものは悪い」

 長州力はちょうど3年ぶりの自身の主催興行で、メインイベントの6人タッグマッチを終えた後、こう言った。

 1月14日の後楽園ホール「POWER HALL」と銘打たれた大会。メインは長州、飯伏幸太、伊橋剛太vs.藤波辰爾、関本大介、TAKAみちのく、というカードだった。

 長州はタッグ・パートナーに飯伏を指名して試合に臨んだ。

「今、注目を集めている飯伏という男がどうなのか、近くで見てみたかった」と、長州はそんな理由で飯伏にラブコールを送った。

 飯伏も「長州さんと組めるなら」とこれを受けた。

昔と今のプロレスが違うのは分かっている。

「オレたちの時代のプロレスと、今のプロレスが違うのはわかっている。それがかみ合っても、かみ合わなくてもオレは構わない。かみ合わないならかみ合わないで、かみ合わないという新鮮さを観客が感じてくれたらそれはそれでいいんじゃないかな。ただ、オレはやるだけだよ」

 こう言って長州は割り切ったように試合に挑んだ。

 サブ・タイトルには「SET BACK THE CLOCK」と、うたってある。では、時をあの時代に戻してみよう――。

【次ページ】 「オレとお前とどこが違う」

1 2 3 4 NEXT
長州力
飯伏幸太
伊橋剛太
藤波辰爾
関本大介
TAKAみちのく
新日本プロレス
アントニオ猪木

ページトップ