球道雑記BACK NUMBER

涌井秀章がメジャーに行った後は……。
ロッテには次の主役候補がいっぱい!

posted2017/12/30 07:00

 
涌井秀章がメジャーに行った後は……。ロッテには次の主役候補がいっぱい!<Number Web> photograph by Kyodo News

ワールドシリーズ優勝経験のある井口監督ともメジャー挑戦の相談をしたという涌井。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 千葉ロッテのエース・涌井秀章が今オフ、海外FA権を行使してメジャー移籍を目指している。

 最多勝3回、ゴールデングラブ賞4回、今季も規定投球回数をクリアして、ローテーションを守り続けたエースの存在は、このシーズンを54勝87敗2分で最下位に沈んだチームにとって、この上なく大きい。しかしプロ入りから13年間、彼を取材してきた者として、勝手な意見を言わせてもらえば、仮にマイナー契約だったとしても海外挑戦をする涌井の姿が本気で見てみたい。

 自身3度目の最多勝を獲得した2015年のオフ、涌井に前回のFA移籍(このときは埼玉西武から千葉ロッテ)について色々と話を聞かせてもらった。

 インタビューの最後に「2年後の海外FA権についてどう考えているか」と質問を振ってみた。

 涌井は「ロッテの優勝が最優先で今は何も考えていない」と前置きをしながらも、2009年に参加したWBCのこと、かつてライバルとして鎬を削ったダルビッシュ有の存在などを口にし、自身のメジャー挑戦の夢についてもずっと頭の片隅にあると語ってくれた。

涌井が見せた最高の投球こそ、最大のメッセージだった。

 あれから2年――。

 このまま日本球界に残り、自身4度目となる最多勝や、国内200勝を目指す彼の姿も見てみたい思いも正直ある。

 しかし、2017年9月24日のZOZOマリンで、フルパワーで初回からビュンビュンと飛ばし、6回途中まで奪三振ショーを見せつけた、あのときの彼の投球を見てしまったら、あれがこれまで応援してくれたファンに対する最大のメッセージであり、恩返しであるように思えてくるのだ。

【次ページ】 涌井が去った後のロッテ投手陣で、注目選手は?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
涌井秀章
井口資仁
二木康太
酒居知史
佐々木千隼
石川歩
唐川侑己
西野勇士
千葉ロッテマリーンズ

ページトップ