福西崇史の「考えるサッカー」BACK NUMBER

福西崇史が韓国戦に「残念の一言」。
代表のユニフォームで戦う価値を。

posted2017/12/18 17:00

 
福西崇史が韓国戦に「残念の一言」。代表のユニフォームで戦う価値を。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

存在感を発揮した数少ない選手である川又堅碁。とはいえ、韓国に好き放題やられるのはブラジルにやられるのとは意味が違うが……。

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 今回のE-1選手権、残念の一言です。代表のユニフォームを着て戦うことにどれだけ価値があるのか、意識しきれてなかったと言われても仕方ない。

 北朝鮮戦(○1-0)、中国戦(○2-1)と連勝はしましたが、内容的には良くなかった。その問題点が一気に噴出したのが韓国戦でした。

 今回のチームはJリーグの全日程が終了してから招集され、約10日間の中でトレーニングと試合をこなしてきました。ただ、その中でチームとしての積み重ねがあったかというと……難しいですね。

 さすがに同じクラブでやっている選手同士は、お互いの意図を分かっていた感があります。だけど他のクラブの選手と連係しようとした時、考え方を一致させられてたとは言い難い。

「あれ、あの人がプレスに行った」という後手。

 守備がまさにそうでしたね。「あれ、あの人がプレスに行った。じゃあオレはどうすればいいんだ?」と迷ってから動いていた印象です。

 これでは、韓国にボールを動かされるたびに後手後手になってしまいますよね。その結果プレスがまったくハマらず、後ろで迎え撃つのか前線から取りに行くのかハッキリしないままだった。

 意図が噛み合わないのは、攻撃時のパス回しでも同様でした。

 チームとして戦う経験の少ない選手が多いとはいえ、それは日本代表に招集されたのならば絶対に意識しないといけない。

 韓国戦の後、クラブW杯やプレミアリーグなどをチェックしていました。正直に言ってレアル・マドリーやマンチェスター・シティなどとのレベル差を痛烈に感じました。

 技術的な部分はもちろんなんですが、メンタルの部分もです。

【次ページ】 レアルもグレミオも、メンタルが崩れない。

1 2 3 NEXT
福西崇史
川又堅碁
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ