福西崇史の「考えるサッカー」BACK NUMBER

レバンドフスキ、マネ、ハメス……。
福西崇史が語るH組の要注意人物。

posted2017/12/05 11:30

 
レバンドフスキ、マネ、ハメス……。福西崇史が語るH組の要注意人物。<Number Web> photograph by Getty Images

バイエルンでチームメートとして戦うハメス(左)とレバンドフスキ。コロンビアvs.ポーランドの直接対決も、日本の命運を握る可能性がある。

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ロシアW杯の抽選会が終わり、日本はドイツ、ブラジル、アルゼンチン、スペインなどのビッグネームとは同組になりませんでした。でも第3ポットまで決まった時点で「少し恵まれているのはグループA(ロシア、サウジアラビア、エジプト、ウルグアイ)くらいかな?」と思うくらい、今回の組み合わせはばらけた印象があります。

 ライバルとなるポーランド、セネガル、コロンビアはすべて難敵ですが、突破を狙うためには良くも悪くもない組なのかな、というのが正直な感想です。

 グループリーグを突破するためには最低でも1勝はしたいところ。とはいえ相手は基本的に全て格上ですから、11月のブラジル戦とベルギー戦で見せたように、まず守備から入る中で少ないチャンスを生かし切る必要があるでしょう。守備の際は3カ国に明確な“要注意人物”がいます。

 コロンビアはハメス・ロドリゲス、セネガルはマネ、ポーランドはレバンドフスキ。

 それぞれタイプが違うワールドクラスを抑え込む必要があります。

世界ナンバーワンの万能型CF、レバンドフスキ。

 この中で個人として最も嫌な相手……3人とも相手にするのは嫌ですけど(笑)、一番怖いのはレバンドフスキでしょう。現時点で、世界ナンバーワンの万能型センターフォワードと言っていい。

 センターフォワードの選手には「最終ラインの裏抜けが得意」、「点で合わせる能力がある」、「ポストプレーが上手い」など様々なプレースタイルがありますが、レバンドフスキはどんなプレーも超一流。なおかつ足元のテクニック、冷静さもあって、現時点でブンデス得点ランキングトップ(14ゴール)。マッチアップするセンターバックとしては本当に厄介です。

【次ページ】 レバンドフスキとは違った意味で難しい俊足マネ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
福西崇史
ロベルト・レバンドフスキ
ハメス・ロドリゲス
サディオ・マネ
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ