プロ野球亭日乗BACK NUMBER

桑原将志を決して逃げさせなかった。
ラミレス監督の1番固定は愛と期待だ。

posted2017/11/10 11:30

 
桑原将志を決して逃げさせなかった。ラミレス監督の1番固定は愛と期待だ。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

いわゆる“逆シリーズ男”になりかけながらも、最後まで逞しく戦った桑原。この経験は必ずや、来季に生きる。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 話はクライマックスシリーズ(CS)のファーストステージ第1戦が行われた10月14日の甲子園球場に遡る。

 試合前の関係者サロンに入ると奥の方で、でっかい体のいかついおっさん(失礼!)が手を振っていた。

 DeNAの前監督の中畑清さんである。

「まあここに座って好きなもん食ってけ!」

 いつもの調子でお誘いをいただき、遠慮なくテーブルにつかせてもらうと、すぐさまこれもいつも通りの中畑節が炸裂した。

「桑原にかかっている。いや、間違いないっ!」

「今さぁ、テレビの取材で福留(孝介外野手)のインタビューしてきたんだけど、福留が一番警戒するのは誰だって言ってたと思う?」 

 突然の質問に「ん?……」と考えていると、こう一気に語り出したのだった。

「桑原(将志外野手)だって言うんだよ。オレもそう思う。桑原っていうのはオレが監督していたときからそうなんだ。チームの中には必ずああいう奴がいるっていう、ちょっと特別な存在なんだよね。チームのムードメーカーっていうか、あいつがヒットとかフォアボールでもいいから出塁すると、ベンチのムードが『よっしゃ!』ってガラッと変わるのよ。そういう奴って、必ずいるの! 勝つチームには!! だからさ、そのことを福留も気づいているんだね。このチーム(DeNA)がCSを突破して日本シリーズに行けるかどうかは、桑原にかかっている。いや、間違いないっ!」

 きつねうどんを啜りながらの前監督の“桑原推し”。その熱弁の正しさは、その後の結果が証明した。

【次ページ】 打てばチームに勢いがつく。その逆も真なり。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
横浜DeNAベイスターズ
桑原将志
アレックス・ラミレス
中畑清
日本シリーズ

ページトップ