球道雑記BACK NUMBER

2年生右腕・杉山晃基が154キロ投球!
明治神宮大会に3年ぶり出場の創価大。

posted2017/11/06 08:00

 
2年生右腕・杉山晃基が154キロ投球!明治神宮大会に3年ぶり出場の創価大。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

それほど大きな身体つきではないが、しなやかで強靭な特性を活かして豪速球を投げる杉山。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 あれからもう1年が経つのか……。

 その場に居合わせた者達が、時の流れの早さを感じていたに違いない。

 2016年10月31日、横浜市長杯(関東地区大学野球選手権)2回戦。

 昨年のプロ野球ドラフト会議で、共に1位指名が5球団重複した創価大学・田中正義と、桜美林大学・佐々木千隼の対決は、多くの報道陣の注目を集め、試合後のベンチ裏は各社の記者やカメラでごった返していた。

 この試合、創価大学の岸雅司監督は次の世代を託す1年生をベンチに忍ばせていた。

 小孫竜二、杉山晃基、望月大希の3人。創価大学の次世代を担う期待の右腕たちだ。

「色んな意味で(試合を)しっかり見させようと思ってね」

 そこから1年が過ぎた。

 創価大学は東京新大学野球の秋季リーグを制し、昨年に続き、今年も横浜市長杯に駒を進めた。昨年と一転して、今年は指で数えるほどしかいない報道陣。岸監督は少し感慨深げにこう話した。

「正義が昨年の今日負けているんだよ。佐々木君と投げ合ってね。だからみんなに言ったの。正義がずいぶんあのとき悔しい想いをしただろうって。我々もそうだけどね。それを明日晴らそうと……」

 その言葉に応えるように、あのときベンチから先輩の勇姿を見ていた後輩がこの日、羽ばたいた。

この8月に、154キロを投げたという噂の2年生投手。

 岸監督が忍ばせていた創価大学の2年生が凄いという噂は、風の便りで届いていた。

 中でも特に衝撃を受けたのが、今年、主戦を任されている杉山晃基が8月のオープン戦で154キロを投げたという噂だった。

 事の真意を確かめようと、東京新大学野球の秋季リーグ開幕戦に行ってみることにした。

 2017年9月1日、大田スタジアム。

 前日の予定だった開幕戦は雨でこの日に仕切り直しになっていた。

「あれが杉山くんか……」と彼の姿を確認して、しばし、背番号16の姿をスタンドから凝視する。身長180㎝、体重77㎏。スリムな体型に、長い手足が特徴的だ。

【次ページ】 向かい風を受けながらも149キロを記録した!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
杉山晃基
創価大学
田中正義
桜美林大学
佐々木千隼
岸雅史
小孫竜二
望月大希
明治神宮大会

ページトップ