プロ野球亭日乗BACK NUMBER

筒香嘉智がついに「何とかした」。
普段はポーカーフェイスの男が……。

posted2017/11/03 12:40

 
筒香嘉智がついに「何とかした」。普段はポーカーフェイスの男が……。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

やはり、筒香嘉智が打つことはDeNAにとって大きな意味がある。苦しんだ福岡で、今度はどんな戦いを見せてくれるだろうか。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 ヤフオクドームでの1、2戦が終わった時点の正直な感想は、「チームの力が違いすぎる」ということだった。

 例えば第1戦、1番の柳田悠岐と桑原将志、2番の今宮健太と柴田竜拓……と両チームの1番から9番までを個々に比べてみても、全てソフトバンクの方が上に見えた。DeNAのファン視点で見ると「せめて4番の筒香嘉智くらいは」と思うのだが、こういう大舞台の4番として何とかする力は、内川聖一の経験に一日の長がある。

 ともに1、2戦はそれほど調子がいいようには見えなかった。しかし第2戦、逆転の場面となった7回2死一、二塁からムリに決めにいかず、四球で中村晃の逆転打を呼び込んだ場面などは、内川の「何とかする4番」としての真骨頂だった。

 舞台を横浜に移しても、内川が徐々に調子を上げて第3戦では先制打を含む2安打。一方DeNAがようやくシリーズ初白星を挙げた第4戦でも筒香は連続三振を含むノーヒットと、本来の「決める4番」としての勝負強さが影を潜めたままだった。その結果、試合後のレビューで「あとは主砲だけ」と、書かざるを得なかった訳である。

4番の勝負、先に「何とかした」のは内川だった。

 そして迎えた第5戦。シリーズはついに4番の勝負になった。

 先に「何とかした」のは内川だった。

 1回だ。すっかり調子を落としてしまった3番のデスパイネが中飛に倒れた2死二塁。DeNA先発の左腕・石田健大の外角スライダーを逆らわずに右方向に打ち返した。

「何とか流れをこっちに持ってきたかった」

 黒星を喫した第4戦で途切れた初回得点を再び呼び戻す、先制の右翼線タイムリー二塁打を放ったのだ。

【次ページ】 18打席目で出た、自分のスイングとホームラン。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
筒香嘉智
横浜DeNAベイスターズ
日本シリーズ

ページトップ