スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

Bリーグは現地で見ると想像以上。
売り切れ続出、現場の熱が凄い。

posted2017/10/06 11:40

 
Bリーグは現地で見ると想像以上。売り切れ続出、現場の熱が凄い。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga/Jun Ikushima

栃木ブレックスの観客動員数は千葉ジェッツについでリーグ2位。現場の熱をその外側へどう波及させていくかが2年目の課題。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga/Jun Ikushima

 2年目のBリーグが開幕した。

 初年度はチャンピオンシップに入ってから素晴らしい試合が続き、盛り上がりを見せたが、この波を維持できるかが問われる年となる。

 リーグ側に動きもある。千葉ジェッツ社長の島田慎二氏をリーグの副チェアマンに招いたが、島田氏は1年目をこう振り返る。

「初年度は開幕効果で、かなりファンの方々に足を運んでいただくことが出来ました。終盤戦には残留争いが激しくなったことで、ファンの方がさらに熱心に応援してくださり、シーズンを通していい流れが出来ていました」

 そしてこうつなぐ。

「この勢いを、どう2年目に生かすかがリーグ、各チームの課題です」

 開幕節は10の会場でソールドアウト。

 B2に降格した秋田では、4000人を超える観衆が詰めかけたし、私が取材した栃木ブレックスの開幕戦でも4000人が詰めかけた。

ロックスターのような黄色い歓声を受ける選手。

 Bリーグの開幕節を取材し、そしてテレビのスポーツニュースを見て感じたのは、Bリーグが「体感型」のスポーツだということだ。

 会場での熱は、全国ニュースや全国紙ではなかなか伝わらないのである。

 チャンピオン・チーム、栃木ブレックスの開幕戦はアツかった。

 会場では、試合に先立ってチャンピオンリングの贈呈式が行われ、この日もっとも大きな歓声を受けたのは、昨季のチャンピオンシップで大活躍を見せたジェフ・ギブスだった。

 ギブスは、優勝を決めた試合で左アキレス腱断裂という大ケガを負い、アメリカで治療中だったが、リングを受け取り、スピーチをするためだけに栃木に帰ってきた。

 ギブスがフロアに登場すると、まるでロックスターかアイドルを迎えるような黄色い歓声が起こり、呆然とする思いだった。

 この興奮、そしてギブスが栃木にとっていかに大切な選手か、それは全国を相手にしたメディアでは伝わりづらいのである。

 その意味で、Bリーグのチームは地域にとって重要な財産になり得るし、会場に足を運べば「熱」を体感できる。

【次ページ】 店員も、運転手も、みんながブレックスのファンである。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
Bリーグ
栃木ブレックス

ページトップ