ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

村田諒太とミドル級頂点の距離は?
ゴロフキンvs.アルバレスの意味。

posted2017/09/19 11:40

 
村田諒太とミドル級頂点の距離は?ゴロフキンvs.アルバレスの意味。<Number Web> photograph by AFLO

ゴロフキン(左)の無敵感もかなり薄れてきた。村田諒太は世界の頂点への距離をどの程度と見積もっているのだろうか。

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

AFLO

 ミドル級3団体統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と元WBC世界同級王者サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)の一戦が16日(日本時間17日)、米ラスベガスのT-モバイル・アリーナで行われた。

 結果はジャッジ3人の判定が割れるドローで、再戦が濃厚となった。10月22日、WBAミドル級王者アッサン・エンダム(フランス)との再戦が決まっている村田諒太(帝拳)が戦場とするミドル級戦線は、今後どのような展開を描いていくのだろうか。

「ゴロフキンとカネロの勝者は、僕の目指すところだと思っています」

 この一戦を前にした村田のコメントである。まずはその意味を理解するために、ミドル級の勢力図を確認しておこう。

 トップに君臨するゴロフキンはWBA“スーパー”、WBC、IBFの3本のベルトを保持。今回の試合まで37戦37勝33KO無敗の戦績を誇り、WBA王座にいたっては実に17度の防衛に成功している、ミドル級のキング・オブ・キングスだ。

ゴロフキン以上のファイトマネーを得るアルバレス。

 村田が10月に再戦するエンダムはWBAの“正規”王者で、ゴロフキンよりは1つ下の王者に位置付けられる。そしてWBO王者が英国のビリー・ジョー・サンダース。つまりミドル級はメジャー4団体で計3人のチャンピオンが存在することになる。

 アルバレスはもともと1つ下のスーパー・ウェルター級で世界を制した実力者で、これまで51戦して49勝34KO1敗1分。フロイド・メイウェザー(アメリカ)に敗れたのが唯一の敗北だ。特筆すべきはその実力だけでなく、27歳と若く、何より圧倒的な人気を誇ることであろう。

 この一戦のファイトマネーも、最低保証額(実際にはペイ・パー・ビューの売り上げに応じた配分が加わる)が500万ドル(約5億5000万円)で、チャンピオンのゴロフキンが300万ドル(約3億3000万円)。人気ではゴロフキンを上回っている何よりの証と言えるだろう。

【次ページ】 村田は、この2人の勝者に勝つ必要がある。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ゲンナジー・ゴロフキン
サウル・アルバレス
村田諒太

ページトップ