プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

DDTプロレスが近未来を託した男と女。
学生竹下幸之介と筋肉アイドル才木玲佳。

posted2017/09/02 07:00

 
DDTプロレスが近未来を託した男と女。学生竹下幸之介と筋肉アイドル才木玲佳。<Number Web> photograph by Essei Hara

竹下による美しいクロスアーム式ジャーマン・スープレックス・ホールド。王者の風格が出てきた。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 竹下幸之介は高校生の時に日本武道館で華々しくデビューした。それから5年経って、現在は日体大の4年生だ。

 若さと身体能力を武器に最初からスター候補生として順調に育ち、今年は3月のさいたまスーパーアリーナでも、8月の両国国技館でもメインをとった。

 国技館でのフィニッシュは相手の両腕を交差させて、その手首を持ってのクロスアーム式ジャーマン・スープレックス・ホールドだった。

 写真を見ていただければわかりやすいが、力学にもかなったきれいで説得力のある強力な投げ技になった。

 初めて使ったのは3年前のケニー・オメガ戦だったが、この技は普段は温存していてめったに使うことはない。だが、精度はアップしていた。

 竹下のキャッチフレーズ「フューチャー=未来」が見える技だった。

竹下とDDTの未来が見えた、8.20国技館。

 竹下が3月にKO-D無差別級タイトルを奪取したHARASHIMA戦は、私的には正直いい印象はなかった。何かが足りなかった。持ち前の元気も不足していた。あの時は竹下がトーンダウンしていると感じて残念に思った。

 だが、8月20日の国技館、チャンピオンとしての遠藤哲哉戦は、竹下とDDTの近未来を期待してもいいものになった。

「両国のメインは2年連続。でも、昨年、メインで敗北したことがずっと頭に引っかかっていた。だから今度は勝つこと、それをモチベーションにしてずっとやってきた」

 竹下と遠藤は、すでに後楽園ホールで4月に一度対戦している。この時は60分戦っても決着がつかなかった。

 運命のような再戦は必然的に国技館で行われた。

 7度目の防衛戦となったこの試合では、アスリートとして、フィジカル面でも精神面でも、かなり拮抗していた。

 だが、竹下は「プロレスを楽しむことができた」と言う。

 入場時にゲート前のステージで日体大名物「えっさっさ」が行われていた。この応援が「自分を後押ししてくれた」と竹下はふり返った。日体大の学生ならではの感慨だが、「えっさっさ」の応援効果は絶大で、竹下は遠藤に競り勝つことができたとも言える。

【次ページ】 ディーノ「まだ、プロレスをなめているね」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
DDT
竹下幸之介
HARASHIMA
遠藤哲哉
才木玲佳
坂崎ユカ
佐々木大輔
大家健

ページトップ