ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

武藤嘉紀の考え方は180度変わった。
「今はね、頼むよ呼んでくれと思う」

posted2017/08/29 07:00

 
武藤嘉紀の考え方は180度変わった。「今はね、頼むよ呼んでくれと思う」<Number Web> photograph by AFLO

原口、久保、乾らがひしめく3トップの両サイドだが、武藤嘉紀の裏へ抜ける力は独自の武器と言えるだろう。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

AFLO

 こちらが圧倒されるくらいのペースで、次々と言葉が出てくる。今、そんな迫力を備えているのが、日本代表に復帰を果たした武藤嘉紀だ。

 武藤が最後に代表戦に出場したのは、昨年9月6日のタイ戦。試合最終盤の8分間だけの出場だった。その前の出場となると、'15年11月のシンガポール戦までさかのぼる。

 '14年ブラジルW杯のあと、慶應義塾大学の学生として代表デビューをしてすぐに初ゴールを決めたときの喧噪が嘘だったかのように、周囲はずいぶんおとなしくなった。

 彼は何を考えているのか。

 先日、マインツの練習場を訪れると、精気みなぎる武藤の姿があった。

 練習をおえると、グラウンドからロッカーへ戻る途中の坂道の脇にある段差に腰かけた。練習で全てを出し切ったあとだったからだ。しかし、落ち着いてから紡ぎ出すその言葉はパワーにあふれていた。

昔は「強ければいいじゃん!」と思っていた。

 パワーの源泉は、苦しんだ時期を乗り越えたという感覚だろう。

 2016年の2月に右膝の外側靱帯を痛め、2016年を通してリーグ戦で6試合、ELで2試合、代表戦で1試合、合計9試合しか出場していない。

 23歳から24歳にかけて、サッカー選手にとって重要な時期に、わずかな試合しか出場できない苦しい時間を過ごした。

 だがあの期間は、武藤は考え方を変えるきっかけになった。

「以前は、一流の選手が『サッカーは、メンタルのスポーツだ』と言うのを聞いても、『何を言っているの。上手ければいいじゃん! 強ければいいじゃん!』と思っていたけど、最近思うのは、まさしくメンタル面が大事なスポーツだなということ」

 そこまで話すと、武藤は力をこめた。

【次ページ】 「ミスしてもいいから自分の力を100%」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
武藤嘉紀
マインツ

ページトップ