猛牛のささやきBACK NUMBER

オリ1年目・山本由伸の成長速度。
「久々にあんなピッチャー見た」

posted2017/08/23 11:20

 
オリ1年目・山本由伸の成長速度。「久々にあんなピッチャー見た」<Number Web> photograph by Kyodo News

ドラフト4位の高卒1年目が一軍昇格をつかみ、初登板で好投。山本由伸の成長速度は周囲の想像をはるかに超えている。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「もうそろそろ秘密兵器になりますよ」

 8月上旬、オリックスの二軍監督である田口壮はそう言ってほくそ笑んだ。

 その言葉から10日後の8月20日、19歳になったばかりの秘密兵器・山本由伸は一軍に昇格し、プロ初登板初先発のマウンドに上がった。

 千葉ロッテを相手に、150キロ台のストレートや、スライダー、ツーシームなどの変化球を駆使し、5回を田村龍弘の本塁打による1失点に抑えた。

 山場は2-1と1点リードで迎えた5回表。1アウト満塁の場面で、代打の井口資仁を打席に迎えた。19歳と42歳、年の差23歳の対決。

「ずっとテレビで見てきた憧れの人なので、『おーっ』という感じはあったけど、しっかり楽しもうと思いました」

 カウント3-1という押し出しのピンチになっても、山本は、捕手の若月健矢のサインに首を振り、136キロのスライダーで空振りを奪った。

「スゲーなと思った」と若月は振り返る。

 フルカウントからもスライダーを投じてサードゴロ併殺に打ち取り、この回を0点に抑え、勝ち投手の権利をつかんでマウンドを下りた。

39年ぶりの記録については、まるで他人事。

「3-1とか3-0というカウントも、特に苦手ではないので、そんなに嫌ではなかったです」と言ってのける。

 しかし6回に岸田護が同点本塁打を浴び、球団の高卒新人としては39年ぶりとなる“初登板初勝利”は消えた。

「あ、そうだったんですか。惜しかったっすね」

 試合後、山本はまるで他人事のように微笑んだ。

 勝ち星はつかなかったが、力のあるストレートと多彩な変化球、そしてマウンド度胸を存分に見せつけたプロ初登板だった。

【次ページ】 球場の空気を一変させた150kmの球速表示。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
田口壮
山本由伸
オリックス・バファローズ

ページトップ