野ボール横丁BACK NUMBER

満塁弾の応酬とスクイズ失敗、強気。
選手が監督を超えた盛岡大付は強い!

posted2017/08/19 14:30

 
満塁弾の応酬とスクイズ失敗、強気。選手が監督を超えた盛岡大付は強い!<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

独自の打撃改革を進めており、常に「5点以上とる野球」を目指すという、盛岡大附の関口監督。

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 挑んだはずの「打撃戦」から先に降りた、そんな風に映った。

「どうしても1点が欲しかったので……。でも、今考えると、打たせればよかったですね」

 盛岡大学附属の監督・関口清治は、試合後、そう苦笑いを浮かべた。

 3回戦の済美戦。6-6の同点で迎えた7回表、1アウト一、三塁。ここで、前の打席で満塁ホームランを放っている6番・小林由伸に対し、関口は初球、スクイズを指示。本人も「ホームランを打ったのはたまたまで、予期していた」という。

 しかし、これが裏目に出て、ピッチャーフライに。盛岡大附はチャンスをつぶす。そして、その裏、済美の2番・宇都宮佑弥に勝ち越しホームランを許し、6-7とリードされた。

「あそこで相手に主導権を握られてしまった……」と関口。

 試合前、両監督とも「打撃戦になる」と予想。関口も、そこまではノーアウトからでも強攻するなど、果敢な姿勢を見せていた。

 そんな関口を「転向」させたのは、5回の攻防だった。

満塁弾で5得点の直後、満塁弾を浴びて同点にされる。

 まずは表に盛岡大附が小林の満塁弾などで5点を挙げ、6-2と逆転。ところが、その裏、済美の5番・吉岡秀太朗に満塁弾を返され、6-6の同点に。

「やっぱり、簡単にはいかないんだなと思いましたね。本当は、調子のいい二番手の三浦(瑞樹)を5回の頭から登板させようと思っていた。しかし、5点も一気に入ったので、もっと(先発投手の平松竜也を)引っ張りたいと欲が出てしまった……」

 ワンテンポ遅れたが、6-6と同点に追いつかれた後、6回裏の頭から三浦瑞にスイッチ。その三浦瑞は関口の期待通り、2三振を含む三者凡退に切ってとる。

「今の三浦なら1点とれば、なんとかしてくれると思った。それと意表を突くねらいもありましたね」

 そう改めてスクイズを仕掛けたシーンを振り返る。

 スクイズを失敗してからは、また強気な関口に戻った。

【次ページ】 「うちのいいところを、どんどん出していこう」

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
盛岡大学附属高校
関口清治
済美高校
小林由伸
宇都宮佑弥
吉岡秀太朗
三浦瑞樹
平松竜也
植田拓
甲子園

ページトップ