スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

サマートレードと意外な名前。
マエケンのドジャースの狙いは?

posted2017/07/22 09:00

 
サマートレードと意外な名前。マエケンのドジャースの狙いは?<Number Web> photograph by AFLO

前田、カーショーと盤石の投手陣を軸に首位を走るドジャース。しかし世界一をめざすためには補強はマストとなる。

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph by

AFLO

 大リーグのオールスターも終わって、夏のトレードがそろそろ活発化してきた。ご承知のとおり、これは主に、ペナント争いをしている球団が、今季はすでに匙を投げた球団から有力選手を獲得するトレードだ。期限は7月いっぱいだから、本格的な動きはまだこれからだろうが、有力チームもそれぞれに弱点を抱えている。ゲーム差や勝率だけを見て、安心していられるわけではないのだ。

 いち早く動いたのはナショナルズだった。7月20日現在、勝率6割6厘。2位のブレーヴスには11.5ゲーム差をつけているから、ポストシーズンのチケットは手に入れたも同然だ。

先発投手、クローザー……各球団の補強ポイント。

 だが、このチームにはクローザーがいない。先発陣にマックス・シャーザー、ジオ・ゴンザレス、スティーヴン・ストラスバーグという強力なトリオが揃っているにもかかわらず、抑えがいないのだ。ここ数年は、ジョナサン・パペルボンやマーク・マランソンが金看板だったが、彼らが去った今季は、なんと合計7人の投手がセーヴ・ポイントを挙げている。裏を返せば、必殺の抑えが不在だ。これではポストシーズンに暗雲が立ち込める。

 そこでアスレティックスから獲得したのが、ショーン・ドゥリトル(30歳)とライアン・マドソン(36歳)のヴェテラン投手だ。両者ともピークは過ぎた感があるが、前者は14年に22セーヴ(防御率2.73)、後者は16年に30セーヴ(防御率3.62)を挙げた実績がある。彼らふたりと、今季のブルペンでは最も安定しているマット・アルバースを継ぎ合わせれば、ゲームの終盤ではらはらしなくてもすむかもしれない。

 一方、先発投手が欲しいのは、アストロズだ。すでに地区制覇は確定的(2位に15.5ゲーム差)だが、序盤戦好調だったダラス・カイケルとランス・マッカラーズJr.の故障で、急に空が翳り出した。9勝0敗、防御率1.67と飛ばしていたカイケルは首の不調を訴え、6月2日の試合を最後に休養に入った。7月下旬には復活できる模様だが、ベンチもしばらくは気がかりだろう。

【次ページ】 選手側にとっても新天地で気分転換できる可能性が。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
前田健太
ロサンゼルス・ドジャース

ページトップ