バスケットボールPRESSBACK NUMBER

借金3億円から巻き返した「海賊」。
Bリーグ横浜の“正しくない進化”。

posted2017/07/04 17:15

 
借金3億円から巻き返した「海賊」。Bリーグ横浜の“正しくない進化”。<Number Web> photograph by B-CORSAIRS/T.Osawa

Bリーグ初年度、最後の最後まで戦い続けたビーコルの選手とブースター。その歩みは両者をさらに近づけた。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

B-CORSAIRS/T.Osawa

「なんで、ビーコルなの?」

 Bリーグ初年度の1試合あたりの平均観客動員数に目を向けると、そんな声があがる。

 動員数1位は天皇杯を制した千葉ジェッツ。2位はBリーグ初代王者の栃木ブレックス。3位は旧bjリーグを牽引してきた琉球ゴールデンキングスだ。ここまでは想像しやすいだろう。気になるのはその先だ。

 4位は日本のバスケどころである秋田ノーザンハピネッツ。5位にbjリーグの創設メンバーである新潟アルビレックスBBである。

 そして6位に食い込んだのは横浜ビー・コルセアーズ(通称:ビーコル)だった。

 そのビーコルと秋田、新潟の平均観客数の差はそれぞれわずか49人、5人だった。

 それだけではない。Bリーグ初年度は企業チーム主体の旧NBLのチームが、観客数を大きく伸ばす傾向にあった。では、bjリーグ出身チームで最も動員数を伸ばしたのはどこだったのか?

 65%も動員数を増加させたビーコルだったのだ。初年度のB1入りは奇跡だったと言われたビーコルは、独特な世界観とともに存在感を放っている。

「手の内を明かしてしまうと面白くなくなるでしょう。だから、あまり語ってこなかったんですけど……」

 代表取締役CEOの岡本尚博はそう話す。彼らの躍進には確かな方法論と綿密なプランがあったのだという。

資金繰りが悪化しながらもbjリーグ優勝を遂げた。

「社長のあの一言で、完全に丸め込まれてしまったんですよね」

 後悔しているかのようなセリフを、嬉しそうに口にするのは、広報を務める石合未夏だ。横浜市出身で、大学までバスケット一筋。ビーコルがbjリーグの参戦前、チームが産声をあげたころから在籍する女性スタッフだ。

 彼女は大学3年生の秋から、bjリーグ参入にむけて動いていたビーコルにアルバイトとして入り、翌秋にbjリーグを迎えたこともあり、そのまま入社した。

 ただ2年目となる2012-2013シーズンには当時の運営会社の資金繰りが悪化。ただ、そんな状態にありながらチームは快進撃を続け、最終的にはbjリーグで優勝を果たした。

【次ページ】 野球畑を歩んでいた岡本に経営再建を託した。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
横浜ビーコルセアーズ
Bリーグ
NSBC

ページトップ