ラグビーPRESSBACK NUMBER

日本代表で唯一の大学生・野口竜司。
JJが名指しで評価した男のラグビー脳。

posted2017/06/28 13:40

 
日本代表で唯一の大学生・野口竜司。JJが名指しで評価した男のラグビー脳。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

アイルランド戦、日本代表に大学生は1人しかいなかった。2019年W杯の先を担う中心が野口竜司であることは間違いない。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 チームでたったひとりの大学生は、大舞台にも物怖じしないプレーを見せた。

 ラグビー日本代表の野口竜司である。東海大学4年のフルバックは、6月10日のルーマニア戦、17日と24日のアイルランド戦に、ともにスタメン出場した。

 17日のアイルランド戦では、後半にチーム初となるトライを奪っている。キャッチミスのほとんどないフィールディングは、3試合を通して高い安定感を示した。背番号15は緊張を感じさせず、それどころか冷静さをアピールしたのだった。

「冷静にプレーできていたかどうかは分かりませんが、チームとしてこういうラグビーをしようというのがクリアになっているのもありますし、周りの選手がどんどん声をかけてくれます。そういうこともあって、気持ち的に楽にプレーできていたんだと思います」

 最新の世界ランキングが3位のアイルランドには連敗を喫した。それでも、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は、「6月の3試合では若手がステップアップを果たした。ポテンシャルを発揮した」と語り、「とくに」と断りを入れてから最初に野口の名前をあげている。

「キックの判断、精度が勝負を分ける」

 野口自身の肌触りはどうだろう。4月、5月に韓国、香港とホーム&アウェイで対戦したアジアラグビーチャンピオンシップ(ARC)を含めた7試合の経験が、彼の口調を滑らかにしていた。

「春のARCから日本代表でやらせていただいて、周りの選手に自分がどういうアプローチをするのか、どういうサポートをしていけばいいのかは、試合を通して分かっていく部分が大きい。そういう意味では、一人ひとりの選手の特徴の理解が、深まっていると思います。それと同時に、自分のなかで課題が明確になっていると感じています。

 アイルランドとの第2戦では、チームとしていいディフェンスができていたと思いますが、ひとつのミスでトライされてしまっていた。僕自身はキックの重要性をすごく実感しましたし、そのなかでどういうキックをするのか、それとも、相手がいないからランをするのか。キックの精度も高めていかなければいけないですし、キックを蹴られたときにどういう対応をするのかの判断も、もっともっと上げていかないといけないと感じています」

【次ページ】 フィジカル面の劣勢を補うことがテーマの1つ。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
野口竜司
東海大学

ページトップ