Number ExBACK NUMBER

2019年ラグビーW杯前哨戦に完勝!
エディーが語る日本への忠告。

posted2017/06/22 09:00

 
2019年ラグビーW杯前哨戦に完勝!エディーが語る日本への忠告。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

前日本代表HCは、世界屈指の指揮官としてW杯優勝最右翼のHCとなっている。

text by

朴鐘泰(Number編集部)

朴鐘泰(Number編集部)Park Jong Tae

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 この6月のテストマッチが「W杯前哨戦」であるのは、日本だけではない。

 世界のラグビーカレンダーでは、6月と11月は「ウィンドウマンス(Window Month)」と呼ばれ、各地でテストマッチが組まれている。2019年W杯のプールAで同組である日本とアイルランドと同様に、プールCのイングランドとアルゼンチンも、6月10日、17日と2連戦を実施している。

 前日本代表ヘッドコーチ(HC)のエディー・ジョーンズ率いるイングランドは、38-34、35-25と連勝を飾った。しかも、6月3日から7月8日まで10連戦のニュージーランド遠征に挑むブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ(イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの各代表選手による連合チーム)に最多16名を送り込み、若手主体で臨んだアルゼンチン遠征で、完勝を収めたのだ。

シックスネーションズ王者には「死の組」ではない。

 プールCの構成は、イングランド、フランス、アルゼンチン、アメリカ地区1位、オセアニア地区2位。

 5月10日に京都で組み合わせ抽選が行なわれた際、「死の組」と表現したメディアに対し、エディーは「死ぬ人は誰もいない」と語ったが、シックスネーションズ(イングランド、アイルランド、ウェールズ、スコットランド、フランス、イタリアによる欧州6カ国対抗戦)連覇王者として格の違いを見せつけた格好だ。

「今年の6月は、あえてチームに混沌を引き起こそうと思います」

“イングランド完勝”のニュースを聞いて、エディーの言葉を思い出した。

 抽選会の翌日、Number929号の取材として、神戸で話を聞くことが出来た。聞き手は長年エディーを取材され、エディー・ジャパンの知られざる戦いを描いたノンフィクション『エディー・ウォーズ』を上梓しているスポーツライターの生島淳氏である。エディーは言った。

【次ページ】 エディーが語る、イングランドの状況、そして日本。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
エディー・ジョーンズ

ページトップ