メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

大家友和、引退と特殊なキャリア。
「生涯、野球からは離れない」

posted2017/06/20 11:00

 
大家友和、引退と特殊なキャリア。「生涯、野球からは離れない」<Number Web> photograph by Kyodo News

2011年シーズン限りで横浜を退団してからも、BCリーグでのプレーやナックルボーラーへの転向と挑戦を続けてきた。

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 大家友和が日本時間19日の夜、引退を発表した。

 日米通算59勝のうち51勝を、メジャーリーグのボストン・レッドソックス、モントリオール・エクスポズ(現ワシントン・ナショナルズ)、ミルウォーキー・ブルワーズ、トロント・ブルージェイズ、そしてクリーブランド・インディアンスの5球団で記録したという事実に彼の特異性がある。

 日本球界に復帰後、右肩の故障を経てナックルボーラーに転向し、日米の独立リーグで投げる傍ら、2度にわたって渡米してメジャーにも再挑戦している。

 こんな選手は他にはいない――。

「20年以上いろんなとこで野球やってきて、それなりにいろんなことを経験してきたと思いますよ」

 大家がそう言ったのは、ナックルボーラーとして挑戦したボルティモア・オリオールズのマイナーリーグ・キャンプでのことだ。

自ら振り返る、大家がメジャーにいられた理由。

「昔は見えてなかったことが、今ならよく見える。たとえばプロに入って来る選手ってのは球が速いとか、球を遠くへ飛ばせるとか、何か他の人より秀でたところがある。その中からメジャーに上がれる選手っていうのも、他のマイナー選手に比べて何か秀でたところがある。

 僕はメチャクチャ球が速かったわけではないし、見た目に凄い変化球を持っていたわけではなかったけど、アメリカに来た頃の僕はどうだったんだろう? って考えた時、やっぱり今ここでやってる連中より、投手としての完成度は高かったと思う。運とかタイミングも確かにあるんだけれど、そうでなければ1年目からメジャーには上がれていないし、あんなに長くメジャーにはいられなかったと思う」

 言うなれば、大器晩成型。京都成章高校では3年生の春まで1番を背負うことすらなかった。1993年のドラフト3位指名で横浜ベイスターズに入団した翌年、高卒ルーキーとしてプロ初勝利を挙げるものの、その後の4年間は一軍に定着ができず、プロ最初の5年間で結局、1勝止まりだった。

【次ページ】 アメリカのコーチのたった一言で悩みが解決した。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
大家友和

ページトップ