野球のぼせもんBACK NUMBER

最多勝争う東浜巨と「工藤塾」。
毎日の筋肉痛で取り戻した快速球。

posted2017/06/06 12:00

 
最多勝争う東浜巨と「工藤塾」。毎日の筋肉痛で取り戻した快速球。<Number Web> photograph by Kyodo News

ドラゴンズ戦のヒーローインタビューで上林(左)から汗をぬぐわれる東浜。表情が豊かになったのも、結果が出ているからこそだ。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 ヤフオクドームの円形状の屋根は最大120度開く。

 日本の野球場で唯一の開閉式との特性を生かして、ホークスは交流戦開幕カードとなったドラゴンズ3連戦を「ルーフオープンシリーズ」と銘打って開催した。ヤフオクドームはマリーンズの本拠地であるZOZOマリンスタジアムと同様、海に隣接するロケーションだ。公式球団歌「いざゆけ若鷹軍団」の歌い出しにもあるように、玄界灘の潮風がグラウンドに舞い込む。

 投手はこの潮風を歓迎する。

「風のおかげで打球が飛ばない。その環境で初めて投げたけど、完璧に持って行かれたと思った打球が2本とも(外野スタンド前方の)テラス席でしたから。あ、でもホームランを打たれたことには変わりないですけど(笑)」

 その声の主は東浜巨だ。連戦初戦の5月30日に先発した試合後のコメントである。

 チームキャプテンの内川聖一が「普段はなかなかニコリとしない」と評するクールな右腕が、この日は口も滑らかに今年一番の笑顔を浮かべてみせた。

ビシエド、ゲレーロ相手にストレートで三振狙い。

 本塁打2発こそ許したが、いずれもソロでそれ以外の失点は許さなかった。味方打線が初回から大量6点を奪うなど強力援護もあり10対2の圧勝。東浜は見事に完投勝利を成し遂げたのだった。

 得点差はあったが、見応え十分のシーンが8回表のマウンドだった。

 1死満塁のピンチを背負った東浜は、球数が110球を超え、両方の肩を揺らしながら息を整えるほど疲れていた。

 ここで立て続けに迎えるのはドラゴンズの4番ビシエドと5番ゲレーロの助っ人コンビである。

 ここからが素晴らしかった。

「三振を狙いにいきました」

 勝負球はいずれもストレートだ。

【次ページ】 プロ5年目、ルーキーイヤー以来となる完投勝利。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
東浜巨
福岡ソフトバンクホークス
工藤公康

ページトップ