プロ野球PRESSBACK NUMBER

昨季最多エラーの西武を救った新人。
源田壮亮はショートも打撃も一線級。

posted2017/05/07 07:00

 
昨季最多エラーの西武を救った新人。源田壮亮はショートも打撃も一線級。<Number Web> photograph by Kyodo News

西武の新人遊撃として36年ぶりに開幕スタメンを果たした源田。西武の内野陣に新しい風を吹き込んでいる。

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 開幕から約1カ月が過ぎたが、ドラフト直後から即戦力ルーキーとして話題に上っていた源田壮亮がショートのポジション争いを一歩リードしている。

 3月31日の対北海道日本ハム戦、ライオンズの新入団ショートとしては1981年の石毛宏典以来となる、開幕戦のスターティングメンバー出場を果たした。すると、開幕直後から守備で好プレーを連発した。

 昨年、チームエラー数がリーグトップの101個という不名誉な数字を残しているライオンズにとって、レギュラーが固まっていなかったショートの選手選考は重大な課題だったが、源田の台頭はその悩みを解決しそうな勢いである。

 当初、源田が課題だと言われていた打撃も徐々に開花の兆しを見せ、4月30日現在、2割8分7厘まで打率を上げている。3割も目前だ。ルーキーであることを考えれば、及第点どころか、期待を大きく上回る活躍を見せてくれているのではないだろうか。

当初の目標は、開幕一軍入りだった。

 今の自分の状況を予想していたかと尋ねると、源田はしばらく考え込んだ。

「うーん、どうですかね。入団が決まったばかりのころは、目標を聞かれると“開幕一軍入り”と答えていましたけど、現実的には難しいと思っていました。ここまで試合に出させてもらえるとは、あのときは考えてもいなかったです」

 入団した直後、即戦力として見られていることについて話を聞いたときも、源田は「それほど甘くはないと思っています。僕より何年も多くプロでやってきている選手がたくさんいて、その人たちと争わなければいけないんですから」と語っていた。

 しかし、参加した春季キャンプの実戦形式の練習や、オープン戦などで結果を残し、辻発彦監督の目に留まる。

「源田はいいよ」

「開幕スタメンもあるのではないか」

 球春が近づくにつれて、そんな言葉を各所で頻繁に聞くようになった。

【次ページ】 「エラーもいっぱいしているし、バントミスも……」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
源田荘亮
埼玉西武ライオンズ

ページトップ