野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

特典目当て? それとも球団への愛!?
プロ野球ファンクラブの正しい選び方。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2011/01/27 10:30

特典目当て? それとも球団への愛!?プロ野球ファンクラブの正しい選び方。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

1985年以前の弱かった時代から現在まで、どんな時も甲子園にファンが詰めかけていた阪神タイガース。強烈なヤジもチームを愛すればこそ!?

「取材する人ならパスとか貰えるからいいですね。羨ましいです」

 こういう仕事をしていると、そんなことを時々言われる。その度、「ええ、まぁ……」などと愛想笑いでやり過ごすのではあるが、この連載は「野次馬ライトスタンド」である。主戦場はスタンドであるからして、一年間のうち取材パスを申請して試合を観るなんて数試合といったところ。

 後の試合はフツウにチケットを購入して、フツウにスタンドで観ている。その方が、スタンドの生の声がダイレクトに聞こえるわけで、いや、というより、フツウにビールも飲めて、フツウに野次れたりもするので、こっちの方が断然好きだったりする。

 というわけで、チケットを取るのも仕事みたいなものになっているここ数年、ファンクラブに入ることにしている。子供の頃から、「なんかカッコ悪いじゃない」という思春期特有の先入観のためにその類には属さずにずっと来てしまったのだが、最近になって、ファンクラブに入っておけば、いろいろ特典がついてきて、お金も安く済むし、おまけに楽しいという、ものすごく基本的なことにやっと気が付いたのだ。

 あまりにも魅力的な特典が多いので、12球団すべて入会してみようかという野望を秘める2011年。ここでその魅力をまだ知らぬ人たちに向け「ファンクラブ」の魅力と、各球団の特徴などを見直してみたい。

足繁く球場に足を運ぶファンなら年会費の元は十分に取れる。

 まず、ファンクラブはお財布にやさしい。年間何十試合も観戦する人には特にやさしい。まずもってありがたいのは、チケットが「ファンクラブ会員価格」で買える特典だろう。割引のない球団もなかにはあるが、多くの球団ではチケットの会員割引制度、もしくはチケットを配るという特典を設けている。

 ヤクルトでは会費5000円のレギュラー会員で、外野自由席5枚分の招待券と、外野自由席、内野B指定席(前売り)の500円割引がついてくる。昨年の外野自由席の価格が1500円なので、招待券だけで2500円もお得。さらに、イベント優待や選手の似顔絵入り応援傘などのグッズがついてくるんだから、神宮によく行く人は是非とも抑えておきたいところ。

 埼玉西武も最高級ランクであるプラチナ会員が、4万円と他球団より高めの設定ながら、内野自由席フリーパスにフィールドビューシート2枚つきが魅力。西武ドームに13試合以上観戦に行く人はグッズも含めて元手が十分に取れるのは間違いない。西武沿線住人は要チェックだ。

【次ページ】 ポイントシステムや会員限定SNSなどサービスは多様化。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ

ページトップ