Sports Graphic NumberBACK NUMBER

池田純・ベイスターズ前球団社長が、
明大から日本スポーツ界に革命を起こす!

posted2017/04/04 17:00

 
池田純・ベイスターズ前球団社長が、明大から日本スポーツ界に革命を起こす!<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

「大学スポーツを育てていくことは、日本のスポーツ産業の発展につながる」と断言した池田氏。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 年間24億円の赤字を抱えた横浜DeNAベイスターズを、5年で黒字化させた前球団社長・池田純氏が、明治大学の「学長特任補佐兼スポーツアドミニストレーター」に4月より就任した。

 プロを舞台に活躍してきた敏腕が、アマチュアの大学スポーツに舞台を移したのはなぜなのか。日本のスポーツビジネス界が今もっとも注目するキーパーソンに、その真意を聞いてみた。

――池田さんへのオファーはたくさんあったと思いますが、その中から大学スポーツを選んだ理由を教えてください。

「スポーツビジネスは、大きく3つのグループに分けられると思っています。

 ひとつは、1プロチームの経営。

 ひとつはプロリーグ全体の運営。

 最後のひとつがアマチュアです。

 私は、昨年までベイスターズで1つのプロチームの経営をして、今はJリーグの特任理事を務めることでリーグ全体を考えています。唯一経験がなかったのが、アマチュアでした。

 そして、大学スポーツというのはアマチュアの中でキーになる存在だと思っています。アメリカと比べると、日本との差がとても大きいんです」

米最大のスポーツチャンネルが大学スポーツを放映。

――アメリカとの差を感じるのはどのあたりでしょうか。

「先日、WBCの決勝戦を観るためにアメリカに行きました。驚いたことに、ESPN(米国最大のスポーツ専門チャンネル)は、同日に行われた大学バスケットボールの『NCAA(全米大学体育協会)トーナメント』を放送していたんです。前日には、記者会見や、選手の学生を追ったドキュメンタリーまで流して、大々的に告知していました。それくらい大学スポーツが文化として根付き、放映権として価値があるということですよね。

 また、スタンフォード大でアメフトをしている日本人の学生がいて、話を聞いてきました。学生目線で、『アスレチック・デパートメント』が何をしているのかに興味があったので」

【次ページ】 アスレチック・デパートメントと体育会の違い。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
池田純
横浜DeNAベイスターズ
鈴木大地
明治大学
NCAA

ページトップ