メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

「国の為に戦うことを誇りに思うか」
WBC米国代表が、今回は本気な理由。

posted2017/03/10 07:30

 
「国の為に戦うことを誇りに思うか」WBC米国代表が、今回は本気な理由。<Number Web> photograph by Getty Images

2016年に41本塁打133打点で二冠王、そして4年連続のゴールドグラブ。ノーラン・アレナドは、スターの中のスターだ。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 今回こそ、の思いは、過去にないほど強い。

 第4回を迎えるWBCを前に、野球大国・アメリカが、本気で頂点に狙いを定めた。過去3大会は、常に優勝候補の最右翼に挙げられながら敗退。決勝進出どころか、第2回大会の準決勝が最高位と、地元米国ファンのため息を誘い、他国の歓喜を見届ける屈辱を味わってきた。

 第1回から2連覇して国全体が熱狂した日本と違い、確かに大会前の時点で米国ファンの注目度は高くない。ただ、過去3大会以上に大リーグ機構は、本腰を入れて大会の意義をアピールしようと腐心してきた。

 系列の「MLB.TV」をはじめ、MLB公式ホームページを通して関連ニュースを報道し、特集番組や企画記事を組み、大会の宣伝・告知を繰り返してきたのだ。

 その影響もあり、少なくとも過去の大会よりもファンの認知度は上がり、選手の意識も変化してきた。

日本のようにシンプルに「代表選考」は進まない。

 実際、今回はチームUSAの編成に関して、入念に準備を進めてきた。

 機構の副社長を務めるジョー・トーリ氏(元ヤンキース監督)がGM(ゼネラルマネジャー)として、昨年7月のオールスター前後から主要な候補選手と話し合いを行い、意思確認を繰り返してきた。

 米国の場合、選手自身が出場を希望しても、代理人や球団トレーナーの許可なども必要となるため、日本のようにシンプルに「代表選考」は進まない。

 その一方で、監督を務めるジム・リーランド氏も併行して中軸選手と折衝。メジャー監督22年、1997年世界一の名将が持つ独自のネットワークを駆使して、チーム編成を進めた。

【次ページ】 メジャー屈指の「仕事人」が揃ったメンバー。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ノーラン・アレナド
ジアンカルロ・スタントン
WBC

ページトップ