スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

WBCとオランダ内野陣。
中心は、イチローの記録に迫った男。

posted2017/03/04 11:00

 
WBCとオランダ内野陣。中心は、イチローの記録に迫った男。<Number Web> photograph by Getty Images

2011年のIBAF(国際野球連盟)主催の野球W杯でオランダ代表として優勝したボガーツ。その栄誉を称え、オランダから「サー」の爵位が贈られている。

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 すぐにも開幕というのに、2017年WBCの人気がいまひとつ盛り上がらない。わかりきったことだが、大リーグのビッグネームが本気を出していないからだ。

 本気を出すには本調子の肉体が必要だが、3月初めではやはりむずかしいだろう。ビッグネームの選手たちは、当然、9月(もしくは10月)までの長丁場を見据えている。この時期からロケット・スタートで飛ばしたりしたら、かならずツケがたまる。一流のプロなら、そんな事態は断じて避けたい。

 が、有望株の若手や、蒔き直しを図るヴェテランの場合は話がちがう。彼らにとってWBCは絶好のショーケースだ。腐っても世界大会、ここで活躍すれば、どこからどんな声がかからないとも限らない。

 たとえば、1次ラウンドで最も面白そうなのはソウルで開かれるプールAだ。

イチローの記録に迫ろうかという勢いだったボガーツ。

 ここには、韓国と台湾以外に、オランダとイスラエルが入っている。オランダは2013年のWBC2次ラウンドでキューバを破り、準決勝まで進出した。

 2017年大会でも、注目すべきメンバーが顔を並べている。とくに内野は強力だ。

 筆頭に挙げられるのは、やはりザンダー・ボガーツ(レッドソックス)だろう。

 ボガーツは、'15年、'16年と2年連続でシルヴァー・スラッガー賞に輝いた。安打数も196本と192本。'16年は、後半戦こそやや失速したものの、一時はイチローの持つ年間最多安打に迫ろうかという勢いだった。本塁打の数も、'15年の7本を'16年には21本に伸ばした。

 まだ24歳の若さだから、順調に行けばやがて大リーグを背負う選手になるだろう。

【次ページ】 有望な若手が多いのは魅力なのだが……全員遊撃手。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ザンダー・ボガーツ
ディディ・グレゴリアス
アンドレルトン・シモンズ
ジェリクソン・プローファー
ケンリー・ヤンセン
ジェイソン・マーキー
スコット・フェルドマン
アイク・デイヴィス
サム・フルド
タイラー・クリーガー
WBC

ページトップ